レオナルドTOSHUの「遊びがNight」 FMラジオ《NACK5》にて毎週土曜日10:30pmより放送中!



2012/03/10 ジェロ2
2012/03/03 ジェロ
2012/01/21 May J.2
2012/01/21 May J.
2011/11/19 高橋ちか2
2011/11/12 高橋ちか1
2011/10/22 ReeSya
2011/08/06 ザ・ニュースペーパー
2011/07/09 斉藤恒芳
2011/06/11 峠 恵子
2011/05/14 岸田敏志 2
2011/05/07 岸田敏志 1
2011/03/26 C_ute 2
2011/03/19 C_ute 1
2011/02/12 塩塚 博2
2011/02/05 塩塚 博1
2010/11/13 中谷満男2
2010/11/06 中谷満男1
2010/10/16 JYONGRI
2010/10/09 JYONGRI
2010/08/21 ジュリアンビートクライシス
2010/07/24 工藤慎太郎
2010/06/12 熊谷育美
2010/05/22 水木一郎
2010/04/24 植村花菜
2010/04/03 福井 舞
2010/02/27 竹仲絵里
2010/01/30モーニング娘。  新垣里沙・光井愛佳
2009/12/19 多和田えみ
2009/11/21 武川アイ
2009/10/31 小林 旭
2009/10/10 辻 詩音
2009/08/29 まきちゃんぐ
2009/08/08 YUKA
2009/07/18 城 南海
2009/06/27 湯川れい子
2009/06/06 熊木杏里
2009/05/09 藤澤ノリマサ
2009/04/18 藤田麻衣子

2011年2月12日 「★ゲスト 塩塚 博さん その2」




先週に引き続きゲストに作曲家・音楽家でもある塩塚博さんをお迎えしました。
恒例のトークメニューを用意して、塩塚さんについて深く聞いていきます。


クリックすると、番組の音声をお聞きいただけます
NACK5詳しくはこちら


「今日のTOSHUさん」 by Roni


Roni
駅メロ。私達がお世話になっている、あの音!
電車が発車する時にホームで流れるあの、優しい音。を生み出した作曲家、塩塚博さん登場。
TOSHUさんとの共通点として、「おやじギャグ愛好家」。
ええ、ええ。飛び交っていましたよ。かるいバトルみたいにね。
ちなみに。TOSHUさんも電車には乗るそうです。人間観察が好きだそうです。
もしも、どこかの電車で見かけたら、逆に観察してみてください。
絶対に飽きないということを、私Roniが保証します。

今週もあの駅メロを生んだ作曲家が!
音楽のルーツからお悩み相談まで熱く語ります


今回も『テツノポップ』の魅力をたっぷりと

Roni  今夜はさっそくですね、お二人の話が止まらなくなっていますが、
『レオナルドTOSHUの遊びがNight』、先週に引き続きゲストをお迎えしています。
この方でーす。
塩塚  はい、塩塚博と申します。よろしくお願いします。
Roni  今ね、番組始まる前からもう塩塚さんとTOSHUさんの音楽談義が、
ヒートアップし始めましたけど。
レオ  もう「塩漬け」ですよ、ホントにね。
塩塚  アッハハハハ(笑) 一本とられましたね。
Roni  えー、塩塚博さん。駅メロで今、非常に有名になってらっしゃいますが。
1月26日には駅メロアルバム『テツノポップ〜史上最強駅メロ伝説
SHスペシャルコレクション』。このアルバムをリリースされまして。
レオ  これはしかし、駅のメロディをスキャットで歌えばいいよね。
塩塚  ああ。そういうの、いいかも知れませんね。
Roni  いろいろ新しい可能性も見えてきそうですよね。
塩塚  ええ。でも実は、僕のこのアルバムの中で、駅メロを題材にしてボーカル、
歌詞もつけてボーカルバージョンというのを二曲作ったんですよ。
レオ  ほおほお、なるほど。
塩塚  そういうのもありますので。ぜひ、聴いていただければと思いますけれど。
Roni  あの、このアルバムもそうですけども、皆さんが必ず一度は耳にしてるんじゃ
ないかという、その駅のメロディを作ってる方が今スタジオに来てらっしゃる、と。
レオ  15秒だから、どんな曲か他にも聴きたいんだけどね、今。
Roni  今聴きたい?
レオ  聴きたい!
Roni  また、子どものような!
レオ  今週聞いた人はどんな曲かって知りたいんじゃないの?
Roni  あ、そうですね。先週来ていただいた時に「こんなメロディですよ」
っていうのを流しましたんで、今日もフックでいきますか。
レオ  そうですね。
Roni  はい。塩塚博さん、こんなメロディを作られています。

〜JR発車音〜

塩塚  これなんかも、とても人気のバージョンで。
先週の放送で聴いていただいた
「原子」っていうSH3番のロングバージョンの、これがもとになってるんですね。
レオ  なるほど、これを長くしたわけですね。
塩塚  そうです。はい。
Roni  これが、塩塚メロディですよ。
レオ  聴いたことあるよね、みんなね〜。
Roni  ね〜! あのね、こうお会いすると、これからまたメロディを聴くごとに
塩塚さんが頭の中に浮かんできそうですよね。
レオ  そうそうそう。何かね、これから御徒町に行って、宝石を売買する
業者さんのような感じでね。
塩塚  アハハハ(笑)
Roni  アハハハ(笑) ルックスですか?
レオ  イヤ、雰囲気がね。だから、今までやっぱりデパートにもおられたし、
それからCM制作会社にもおられたし、いろいろサラリーマン時代を経て30歳から
こういう仕事をしておられるんで。やっぱり社会の常識と、現実界の仕事に生きる人と
同じ感覚でやっぱり話ができた上に、さらに作曲・編曲の能力があるんで、
そりゃ、やりやすいですね非常に。
塩塚  あ、そうですか。ありがとうございます。


塩塚博さん




三つのトークメニューで、ゲストの魅力に大接近!

Roni  イヤ、ホントに「塩塚博に歴史あり!」という感じですが。
そんな塩塚さんに、ちょっとグイグイと迫っていくトークメニュー、今回もご用意してますので。
まずはね、私の方からトークメニューをご紹介いたしますね。
塩塚  はい。
Roni  「塩塚博。原点はスパイダース」
レオ  そういえば、ちょっとマチャアキに似てますね。
Roni  あ、言われて見ると。
塩塚  ありがとうございます。
Roni  じゃ、後ほど紐解いていきましょうねえ。はい、そして次。
「塩塚博、私がメロディをつけるなら…」
レオ  ほおおお。
Roni  そして、ラストはこちらです。「塩塚博、若い女性とフランクに接するには?」。
ということですが。さっき、「マチャアキっぽい」なんて言ってましたけどね。
原点はスパイダース?
塩塚  はい。僕が小学校の時にいわゆるグループサウンズブームっていうのがありまして。
ブルーコメッツとかタイガースとかいましたけども、僕はスパイダースが大好きで大好きで。
レオ  あ、夕焼け〜♪
塩塚  そうです。でね、堺正章さんと井上順さんの非常にコミカルなイメージってのが
あると思うんですけれども。
あのバンドっていうのは、実は音楽的には非常にハイレベルな
バンドでして。例えば大野克夫さんとかムッシュかまやつさんとか、井上堯之さんとか、
その後にスパイダース解散後も音楽家としてものすごく…
レオ  活躍してる。
塩塚  実績を残された方がいっぱい所属してらっしゃって。
しかも、そのバンドのリーダーが、
今、田邊エージェンシーの総帥である田邊昭知さんで。
レオ  奥さんが、あの…
塩塚  小林麻美さん! そういうスパイダースに憧れたことで、僕はもう音楽の道に
虜になって入って来ちゃったんですね。
レオ  なるほどね。
Roni  さあ、TOSHUさん! この後も今日はじっくりと塩塚博、
塩塚メロディに迫っていきたいと思いますが、その塩塚メロディ、
ここで音楽を一曲聴いてもらいたいと思いますので、じゃ、塩塚さんから、
またまた今日も紹介してもらっていいですか。
塩塚  それでは、私のアルバム『テツノポップ』から一曲。ボーカルのフューチャー
したものを聴いていただきたいと思います。
「桜 花びら 時速300km」という曲を聴いてください。

 〜(曲)藤岡リラ「桜 花びら 時速300km」〜

Roni  『レオナルドTOSHUの遊びがNight』、今夜のゲストは塩塚博さんです。
さきほどアルバム『テツノポップ』から一曲お送りしましたけども。
塩塚  はい。
Roni  あの、TOSHUさん。大人のトークもしつつ、時折こう…
レオ  子どものトークもしつつ…
Roni  ダジャレ合戦も入りつつ、ですけれども、はい。1月26日に駅メロアルバム
『テツノポップ』をリリースされましたが、今日はその塩塚さんのトークメニュー
ご用意しています。さっきそのトークメニューいろいろ紹介しましたが、
メロつながりで、これ聞いてもいいですか。「塩塚博、私がメロディをつけるなら…」。
どういうことなんでしょう、これは?
塩塚  そうですね。これは、外国の駅メロっていうようなのもありますけど、
実はね、フランスのテレビ局が取材に来てくれました、去年。
レオ  ほおほお。
塩塚  で、フランスで「日本ではこんなことやってるぞ」みたいなね、
番組を流してくれたんですよ。
で、それをきっかけにして、日本の駅にももちろんつけたいんだけども、
できれば海外に進出して、アジアとかアメリカとか、
そしてフランス。駅にメロディどころか、アナウンスすらない国が多いんですよ。
そこにね、美しくそして気持ちのよい駅のメロディをお届けできたらいいな、
なんてことをと考えておりまして。
Roni  あの、今わかんないですけど、私が香港行った時も、何の合図もなくって
困ったんですよね。
塩塚  そうですよね。日本の鉄道、ホント、親切ですよ。
行先がどこそこで、
「何時何分発車しまーす、」「扉閉まりまーす」なんて逐一アナウンスしてくれるし…
レオ  そして、その通りに時間通り行くでしょ。
欧米とか外国のは、一時間遅れとか10分遅れとか5分遅れも平気でね。
塩塚  そうですよ〜!
レオ  まともに出ないものね。
塩塚  3、4分ずれたら大騒ぎですもんね、日本の鉄道。
そんなこと、絶対考えられないですよ。
Roni  謝りまくってますもんね、
駅員の方とか。で、この駅のメロディ以外に何かこの
「こんな音もやってみたい」とか、ありますか。
塩塚  そうですね、僕がちょっと提唱させていただいてるのは、例えば企業の
テーマジングルみたいなものを作っていっぱい書こうかなあと。例えば、
ホームページにアクセスしました。で、「ホームページにアクセスしていただき
ありがとうございます」っていうふうな挨拶がわりで、「ジャンジャラリン」って
いうふうなジングルが鳴るんですよ。であるとか、実際にはコンビニエンスストア
なんかで既に採用されてますけれども、
お店とか会社とかの門をくぐったら、
そこで歓迎するジングルが鳴る…。
Roni  ハッハハハ(笑)
レオ  なるほど。
塩塚  5秒とか7秒のね、
そういったものを、ぜひ作ってみたいですね。
レオ  おトイレに入ると、バーッと歓迎するジングルとか入って、
そして音姫があってジャーとかジャジャーって、ね。
塩塚  それ、いいですね。その発想いいですね。
Roni  イヤ、まさか、のるとは思わなかったです。
却下かと思った。
レオ  音姫…音姫は、音を消すんですけど、おトイレ入るごとに大歓迎っていう
かたちでやってくと、ホントに開放感があって、スムーズに用が足せるんじゃ
ないかなと思うんですけど。
Roni  やってみましょうか。
塩塚  ああ、それはちょっと、うちの事務所の人間が今メモってますから。
Roni  はい。行く行くは。じゃ、完成した暁には、ぜひ、持ってきてください。
塩塚  はい。

若い女性との接し方を、TOSHUがやさしく伝授

Roni  さあ、では塩塚さん、トークメニュー、ラストです。
塩塚  はい。
Roni  「塩塚博、若い女性とフランクに接するには?」って。だって、
接してるじゃないですか、私に。
塩塚  ねえ、もう私いつも若い女性とばっかり付き合ってますけどね。
Roni  あ!?
塩塚  …なんて、それは冗談ですけれども。あの、レオナルドTOSHUさん、ね、
素敵なダンディな紳士でいらっしゃるんだけれども、何かとても若い女性に
人気があって、若い女性ととってもフランクにお話しすることが
お得意でいらっしゃるっていうことを伺ってますので。
レオ  え、誰から聞いたの?
塩塚  何か、女子高生から悩み相談もされる、とかね。
Roni  そうですね、中学生とかからも来るんですよね。
塩塚  漏れ伺ってますので、ぜひTOSHUさんに若い女性とフランクにお話しするには
どういう秘訣があるのかな、っていうことを教えてもらおうかなと。
レオ  それは、もうヘンな目で谷間を見ないことですね。
塩塚  あ〜〜〜!
レオ  普通に男も女も、同じ目で自分も高校生のつもりで普通に話してる。
塩塚  うん。
レオ  だから、大人の目で見ないで、女子高生と話す時は自分も女子高生のように、
高校生のように年を忘れ自分の立場とかね、やってる仕事とか全部忘れて、
同じ目の高さで普通にバカなこと言って。だから、女子高生の言うことを
「こんなことやってるのか、今の女子高生は」なんて思っちゃうと距離ができるんで。
塩塚  なるほど。
レオ  一切思わないですよね。
Roni  ほおおお。
塩塚  同じ目線に立って、同じフィーリングで…
レオ  そう、同じように話して、
谷間ばっかり見ないようにしてね。
Roni  塩塚さん、マジ相談じゃないですか。
塩塚  イヤ、これはいいこと聞いちゃったなあ。素晴らしいですよ、これ。
Roni  ハッハッハッハ(笑)
塩塚  深いですねえ。
レオ  ハッハッハと笑って、「イヤー、あれがさあ、これがさあ」って言ってても、
「何その言葉、日本語になってるの?」と言わず、同じように「あれがさあ、これがさあ」
って言って、「これが新しい言葉か」って思うと女の子を面白がるんで。
女子高生っちゅうのは、年取れば取るほど、大人の目から見たらね
「何でこんなこと言って、何やってんだ」と思う。けど、それが新しいわけで。
Roni  うん。
塩塚  そうですよね。
レオ  若い男の子もそう。僕も小学校、中学校に行って「あれ、今度行くの?」
「行くんだよ」「じゃ、僕も行こうかなあ」って言ったら、「行こう!」なんて言いながら、
いつの間にか小学生と一緒に遊んでますよね。
Roni  ま、TOSHUさんが小学生とすごく仲良くなれるなっていうのはわかりますけどね。
レオ  そう。小学生のままだよね、どっかね。
塩塚  そうですかあ。
Roni  そう、たまに私もね、すっごい子どもみたいに思えて「よし、よし」って
言いたくなることがあるんですけどね。
塩塚  あー!

Roniを電車に例えると、京王電鉄?

Roni  ちなみに塩塚さん、好きな女性のタイプって、やっぱ若い方なんですか。
塩塚  イヤ、まあ。そう…そこそこにね。
Roni  ハッハッハ(笑)
塩塚  色白で、ぽっちゃりしたような感じの人が好きですけど。
Roni  ほおお!
塩塚  まあRoniさんみたいなタイプですね。
Roni  あ、私? そうですか。
レオ  WHY? えー、どこがぽっちゃりしてるの?
Roni  これを例えばじゃあ電車に例えると…何線ですか。
塩塚  電車に例えると? わあ! そうですねえ。うーん、出ました!
レオ  出た?
塩塚  出ました。こんなん出ました。京王電鉄!
Roni  ほお。
塩塚  京王電鉄はですね、車体が基本的にクリーム色をベースにしてる。
非常に可愛くてですね、優雅なんですよ。
で、いわゆるメタリックな色であるとか、
小豆色とか茶系をした色をした鉄道もあるんですけど、京王の電車ってね、
何かすごく可愛らしい感じがするわけ。
Roni  うーん。
塩塚  だから、京王電鉄!
Roni  ほおおお。
塩塚  いかがでしょうか、これで?
Roni  TOSHUさん、何ですか。
レオ  イヤね、可愛い子、可愛い子っていうのはね、みんなからチヤホヤされるでしょ?
だからね、仕事何もできないし、才能、能力もあまりないし。
塩塚  ハハハ(笑)
レオ  プライド高いし、わがままだしね。
Roni  じゃ、TOSHUさんは何線がお好きですか。
レオ  僕は何と言っても、中央線ですよ。
Roni  そのこころは?
レオ  えっ!? まっすぐにスパーンと、ストレートに行くというかたちでさ…。
Roni  アッハハハ(笑)
塩塚  ああ!
レオ  一番避けたいのは山手線! グルグルグルグル堂々巡りで、結論出ない
っていうのが困りますよね。
塩塚  ハハハハ(笑)
Roni  私、あの京王線好きなんですよね。
レオ  やっぱり?
Roni  ま、使ってるってのもあるんですけど。京王線ってこう、武骨っていうか
不器用な感じがするんですよね。
塩塚  そうですねえ。あまり器用じゃないですよね。
Roni  そうそう!
レオ  常磐線もわりかし、あの田舎っぽくて…
Roni  ああ、渋いですね!
レオ  風情がありますよね。
東武東上線は込んでるしね。
ものすごい込んでる。
塩塚  うん。
レオ  コンドルも飛んでいく、っていう感じでね。「タリラリララ♪
あ〜東武東上線、今日もコンドルが飛んで行くなあ」っちゅう感じで。
塩塚  アッハッハッハ(笑)
Roni  でもこうやって何か、人を電車に例えていくと面白いですよね。
塩塚  そうですよね。
レオ  何かものすごく、こんなD51みたいな人、いますけどね。
おでこが、ここまであるような人がね。
塩塚  アハハハ(笑)
Roni  今度ちょっとね、お酒を飲みながら皆さんの上司とかね、好きな人を
電車に例えて話してみると面白いかも知れないですね。
塩塚  そうですね。
Roni  はい。その時のバックグランドミュージックとして『テツノポップ』もあると
面白いかも知れませんが。では、その塩塚博さんのアルバムから、もう一曲
ここでお送りしたいと思いますが、何いきましょうか?
塩塚  これね、僕のこのアルバムの中で渾身の作品があるんです。
「弦楽四重奏曲第一番『鉄道』」、この第一楽章、第二楽章に分けてですね、
私が渾身のアレンジをして、
しかも、レコーディングの時もちゃんと指揮をしたという。
レオ  おおおお!
塩塚  これをぜひ聴いていただきたいと思います。いろんな駅のメロディが
断片的に出てきて、それを繋ぎ合わせてモーツァルトのような形にしています。
レオ  素晴らしい、それは。
塩塚  では、聴いてください。「弦楽四重奏曲第一番『鉄道』」、その第一楽章です。

 〜(曲)塩塚 博「「弦楽四重奏曲第一番『鉄道』第一楽章」〜

Roni  さあ、TOSHUさん、二週間にわたって塩塚博さんに来ていただきました。
レオ  楽しかったですねえ。
Roni  ねえ! あの、これからも幅広く活動されていくと思いますけれども、
もちろん駅メロだけではなく、さっきもおっしゃってましたけども、
交響曲なんかいつかは…って
塩塚  そうですね。
Roni  近々ではどうですか。何か控えてる作品とかライブなんかはありますか。
塩塚  そうですね、ライブとかは、今ちょっとCDを出したばっかりなので、
本数抑えてるんですよ。
レオ  ほおおお。
塩塚  でもまあ月に三本くらいやってますので、もしよろしければ、
先週も申し上げたんですけども、『鉄のみゅーじしゃん』というブログを
やっておりますので、そちらの方にアクセスしていただいて僕の最新情報を
見ていただけると大変嬉しいです。
Roni  はい。えー「塩塚博」で検索するとヒットしますね。
塩塚  そうですね。あるいは「鉄のみゅーじしゃん」で検索しても出てきます。
Roni  ぜひ、皆さん覗いてみてください。
塩塚  はい。よろしくお願いします。
レオ  よろしくどうぞ。
Roni  というわけで二週間にわたって塩塚博さんに来ていただきました。
ぜひ、またお越しください。
塩塚  はい、ありがとうございます。
Roni  ありがとうございました。

NEW
2012年6月7日更新しました。 twitter携帯のツイッターはこちらのQRコードから トップページに戻る 最新情報 レオナルドTOSHUの命名エピソードについて このサイトだけでお楽しみ頂けるレオナルドTOSHUのお話と映像 レオナルドTOSHUの遊びがNightラジオ番組情報 NACK5のサイトでラジオ番組音声をお楽しみ下さい レオナルドTOSHUの活動・作品のご紹介 皆様からのメッセージ
レオナルドTOSHUの遊びがNight エンディングテーマ『アンドロメダ王子』視聴はこちらから
詞・曲 深見東州  編曲 知野芳彦

FM NACK5 79.5MHz