レオナルドTOSHUの「遊びがNight」 FMラジオ《NACK5》にて毎週土曜日10:30pmより放送中!



2012/03/10 ジェロ2
2012/03/03 ジェロ
2012/01/21 May J.2
2012/01/21 May J.
2011/11/19 高橋ちか2
2011/11/12 高橋ちか1
2011/10/22 ReeSya
2011/08/06 ザ・ニュースペーパー
2011/07/09 斉藤恒芳
2011/06/11 峠 恵子
2011/05/14 岸田敏志 2
2011/05/07 岸田敏志 1
2011/03/26 C_ute 2
2011/03/19 C_ute 1
2011/02/12 塩塚 博2
2011/02/05 塩塚 博1
2010/11/13 中谷満男2
2010/11/06 中谷満男1
2010/10/16 JYONGRI
2010/10/09 JYONGRI
2010/08/21 ジュリアンビートクライシス
2010/07/24 工藤慎太郎
2010/06/12 熊谷育美
2010/05/22 水木一郎
2010/04/24 植村花菜
2010/04/03 福井 舞
2010/02/27 竹仲絵里
2010/01/30モーニング娘。  新垣里沙・光井愛佳
2009/12/19 多和田えみ
2009/11/21 武川アイ
2009/10/31 小林 旭
2009/10/10 辻 詩音
2009/08/29 まきちゃんぐ
2009/08/08 YUKA
2009/07/18 城 南海
2009/06/27 湯川れい子
2009/06/06 熊木杏里
2009/05/09 藤澤ノリマサ
2009/04/18 藤田麻衣子

2011年6月25日 「お悩み相談」




恒例のお悩み相談です。今回は…
・本を読むのが苦手です。
・接客業で、お客さんがたくさん来るとアタフタしてミスを連発してしまいます。
・私は嫌われているのでは?すぐ被害妄想に陥ってしまう。


クリックすると、番組の音声をお聞きいただけます
NACK5詳しくはこちら


「今日のTOSHUさん」 by Roni


Roni
いやいやびっくりしたわ〜。エンディングでTOSHUさんが私の事じーっと見てるから
「どうしたんですか?」って聞いたら
「いや、頑張ってるなあ。と思って」って。。。びっくりしたわ〜。
ラジオなんでね、頑張って喋ってるんですよってば!
今月も、刺激的なTOSHUさんでした。。。


モヤモヤも暑さも吹き飛ばす?
今回も3人のお悩みをズバッと解決します


★今週のお悩み その1★
「読解力はないけれど、ずっと本に憧れている僕。
手軽に楽しく読書するコツを教えてください」

Roni  今日はお悩み相談!
レオ  ほお!
Roni  『レオナルドTOSHUの遊びがNight』、恒例の月一、いきたいと思います。
まずは、ラジオネーム・風の音さんからです。
いつも楽しく聞いてくださってるみたいなんですけども、
「僕は、あまり読解力が高くありません。
もともと本を読むのは苦手でした。新聞も難しくてよくわかりません。
最近は、苦手意識をなくそうと時々チャレンジはしてみるのですが、
やはり難しいです。僕は昔から本を読むことに憧れていました。
一日中机にかじりついて本の世界に没頭している人を見ると、
羨ましく思ってしまうほどです。僕も本の世界を巡り歩いて、
たくさん感動を積み、さまざまな喜怒哀楽を味わってみたいです。
何か手軽に楽しく読書をするコツってありますか

レオ  あります、あります。
Roni  うん、教えてください。
レオ  これは、予備校で浪人する人にいつも最初に言うことなんですけどね。
どういう本が世界一素晴らしいか、どういう本がふさわしいかと言うと、
Roni  うん。何ですか!?
レオ  それはですね、本屋さんに行く。

なるべく大きい本屋であったら、いろいろあるでしょ? どんな本屋でもいいです。
それは、文庫で、安くて、最も薄い本を買うわけです。
それなりの書店で売っていて、それなりの出版社で出している本で薄いってものは、
薄くても読む値打ちがあるような、内容があるもんなんでね。
Roni  ハイ。
レオ  薄いからすぐに読めるんで、「やったー!」っていう達成感があるんです。
その読書の喜びというのは、内容というよりもともかく、
最初のページから最後まで読み切ったという達成感。
これはやっぱりやるとね、「ああ、本読んでよかった」と思うワケで。
Roni  ハイ。
レオ  だから、この達成感というものから、
読書のホントの深い中身っていうものを鑑賞できていくようになるので。
始めっからね、なんか観賞するとか、感想文を書くだとか、
その本について何と思うかなんてことは関係ない、と。
とにかく、ちゃんとした出版社のちゃんとした本屋さんで売っている最も薄い本。
まあ80ページでも100ページでもいいし、250ページでもいいし。
とにかく薄い本だったらいいというふうに考えて、最初に解説読むわけですね。
Roni  ほおお!
 先に読んでしまう?
レオ  ちゃんとした出版社の薄い本の解説っていうのは、
少なくともその人よりも、学校の先生よりも、お父さんお母さんよりも、
賢い人が解説書くから。自分よりも賢い人が解説してるのを先に読んで、
「あ、なるほどこの本はそういうことなのか」と。
わかったような…っぽい気持ちになって、もっともらしく本を読んでいったらいいワケで。
それをどんどん数をこなして100冊、1000冊、2000冊、3000冊って超えていくと、
そういう解説を書いたり、読書感想文を書いてね、お値打ちあるような。
だいたいそこまで書くと、感想文であらすじ書いたりね。
でも、知的評論のある感想じゃないといけないわけで、
100字以内ってだいたい90、95文字ぐらいまで書かなきゃいけないんで。
そういうふうになるためには、やっぱり本の冊数をこなさなきゃいけない。
本を読もうと思ってチャレンジしてもうまくいかなかったのは、分厚かったから。
そういうことで、ちょっと難しいような本でも薄かったら、読めそうだと思うしね。
とにかく、最後のページから最後まで読むっていうこと。で、解説を先に読んだら、
Roni  進みやすいかも知れませんね。
レオ  何となく「こういう感じなんだ」と思っていくから。
まあ、例えば星新一! 若干暗いけどね、薄くて。
Roni  ああ、ハイ、ショートショート!
レオ  中学生でも、夏休みの宿題っていうとだいたい星新一を読んで、
Roni  面白いですよね、うん。
レオ  星新一、筒井康隆、小松左京っていうのはSF御三家っていうんだけど、
星新一が一番やっぱりわかりやすいですね。
Roni  短くてね、なんか。
レオ  そうやってね、薄くて面白そうなモノから冊数をこなしていく、と。
そうするとね、要するに「読み切った」という達成感が、
読書の面白さをあなたに与えてくれるので、これが手軽に楽しく読書をするコツです。
Roni  風の音さん、まず自分で「読解力が高くない」って言っちゃうんじゃなくて、
好きなんでしょうから、きっと。だから、まずTOSHUさんが言ったみたいに、
レオ  そう、そういう読解力っていうのは、自ら出てくるから。
Roni  そうなんですよ。
レオ  本の冊数が増えていくと読解力が出てくるんで、
先に解説読むから、あたかも読解したかのごとく…というのをね、
場数を踏んでいくとね、本物になっていくから。
Roni  ハイ。まず、一冊読んでみて、また二冊って読んでいって…
レオ  そうそうそう、達成感、達成感!
Roni  どんなだったか、「こんな本がよかった」っていうのを
風の音さんからのメールでまた待ってますから、送ってくださいね。
レオ  待ってます!
Roni  さあ、この後も皆さんのお悩みにお答えしていきますが、
ここで悩みがスカッとする、こんなナンバーお送りします。
Superfly、ニューアルバムから「Ah」!

 〜(曲)Superfly「Ah」〜

★今週のお悩み その2★
「お客さんが多くなると、アタフタしてミス連発!
レストランの仕事、私には向いてないのかも…」

Roni  NACK5『レオナルドTOSHUの遊びがNight』、
RoniとTOSHUさんでお送りしていますが、今日は月一恒例のお悩み相談。
レオ  ハイ、ハイ。
Roni  さっき風の音さんからのお悩みに答えてもらっていて、
私もすごい本を読みたくなって…って、まあ私は本読むんですけど。
でもね、元に戻ったりしますよね。「あれ? 何だったっけ、あれ」とかって。
だから、すごい速く読めなくても、やっぱり読み終わった時のやっぱその…
レオ  達成感!
Roni  そう。本を閉じた時が楽しいから、短いのからいってもらいたいなと思います。
さあ、では続いてのお悩みいきましょうかね。えーと、22歳のハナちゃんからです。
「私はレストランで働いているんですが、お客さんがいっぱい来るとアタフタして、
ミスを連発してしまいます。テンパってしまうんです。
例えば注文を聞き間違えたり、
レジを打ち間違えてお客さんからもらうお金の額を間違えたり、
『この仕事、向いてないのかも』と思います。どうしたらいいと思いますか」

レオ  あの…面白いことにね、「自分がミスを連発するんだ」とかね、
「テンパってるんだ」とかね、「あたしってアタフタするんだ」なんて思っちゃうと、
「うわっ! お客さん来たらどうしよう。またテンパるんじゃないか」と思ってね、
そういうふうな心理の泥縄の世界に入っちゃうんで、客が「なんじゃこりゃ?」ってね。
「いっぺんに言ったところでわかるか!」ってことで、
「ちょっとくらいミスしてもしょうがない」と思って落ち着く、と。
Roni  そう! ある程度の開き直りみたいなものが大事ですよね。
レオ  完璧にやろうと思うから、
「ミスしちゃいかん、ミスしちゃいかん」と思ってミスするんで。
「確実に80パーセントぐらいできたらいいんじゃないか」と思うと落ち着きができて、
ミスがなくなるんですね。
Roni  うん、うん。
レオ  そのうちミセスになっちゃう! ということで…ハイ。
Roni  アハ(笑) なりたいですねえ、ミセスにね。
レオ  ねえ、そうそう。
Roni  今のでいうと、私もラジオDJやっていて、「カッコよく決めよう」とか、
なんかたくさんの人が聞いてるから「みんなの心を響かせよう」と思うと、
すっごい噛むんですよ。あとは、自分で何が言いたいかわからなくなって。
レオ  あなたが噛んだ♪
Roni  噛んだ♪…ま、小指噛む程度だったらいいんですけど。
で、誰も聞いてないっていうか、「たった一人に届けられればいいや」と思うと、
ちゃんと自分になるんですよねえ。
レオ  そうそう。
Roni  これ不思議ですよねえ。
レオ  だから、完璧な仕事やろうと思わないで、
まあほとんどうまくいけばいいんじゃないかと。
で、もし先輩とか店主がいろいろ言っても、
「まあまあ、真面目にこの店を愛して働いてるんだからいいじゃないの」
ってお腹で思いながら、まあ一応「ハイ!」って言うんだけども。
腹の中で開き直ったら落ち着いて冷静に見ていけるんで、その開き直りですよ。
Roni  うん、ですよね。
レオ  で、完璧な仕事をやろうとしないことですね。
Roni  うん! あと、ハナちゃん、なんかこのメールの感じからすると、
すごく可愛いキャラの子だと思うので。その愛嬌でカバーできるんじゃないかと思うんで、
楽しんでお仕事ともにがんばりましょう、ね!

★今週のお悩み その3★
「人の態度や視線が気になって、つい被害妄想に。
こんな弱気な自分をなんとかしたいのですが」

Roni  さあ、じゃ、もう一ついいですか。
レオ  ハイ〜。
Roni  えー、女性の匿名希望さんからです。
「私はふと『あの人によく思われてないんじゃないか』と、
被害妄想に陥ってしまう瞬間があります。嫌われているんじゃないか、
きっと仕事で私は評価されていない…仕事でもプライベートでも
急にそういう瞬間がきて、他人の態度や視線が怖くなるんです。
こういう弱気な自分を追い払うにはどうしたらいいのでしょうか」

レオ  これ、よくありますよ。一時、どんな人でも
こういうふうに思ってしまうこともあるんで。
Roni  ハイ。
レオ  だから、「あの人によく思われてないんじゃないか」ってちょっとしたことが、
なんかペチャクチャ話してるのが、
「自分の噂してんじゃないか」
って思っちゃったりするでしょ?
そういう時って、誰しもあるワケで。
Roni  ありましたねえ。
レオ  だからね、これはどういうふうにしたらいいかというとね、
Roni  うん!
レオ  「人に何と思われてもいい」と。ね!
「人に何と思われてもいい。自分がその人をどう思うかということが大事だ」と。
たとえ、人に陰口言われても、指差されても、もうしょうがないと。
それよりも、自分がその人にどれだけいい心で、いい笑顔で
その人のためにできるかということだけを考える。
Roni  うん、うん!
レオ  そうしてると、いつの間にかみんな人気者になっていくんだよ。
Roni  それは、わかります。
レオ  だから、人が自分を見るっていうよりは、
人さまのために何かしてあげようとか、細やかな気配りしてあげようとか、
その人のために何かしてあげようっていうような気持ちがない時が、
人のことが気になるんですよ。
Roni  うん、わかります。
レオ  人のことが気になったらどうなんですか、っていう。
「もう、なんと思われてもいい」と。人が自分を思ってるというよりも、
自分が人をどう思ってるかということを大事するというふうに切り替えるとね、
人がいつも自分を微笑みかけてくるように感じるんですよ。実際そうなんですね。
Roni  ラクになれますよね、しかもその方がね。
この方の年齢はわかんないですけど、私も20代の時にそういう時があって。
レオ  誰しもこういう時ありますよ。
Roni  ありますよねえ。
レオ  あります、あります。
Roni  で、いろいろうまくいかないのも、
自分が悪いんじゃなくて、みんながいけないみたいになっちゃって。
でもね、なんか自分のことを好きになり始めるっていうか、
自分のことを許し始めるようになったら、大丈夫になりましたね。
さっきのお仕事の、レストランのハナちゃんのことも一緒で、
なんか「こうならなきゃいけない、こうあらなきゃいけない」とか
「あそこまでいかなきゃいけない、このレベルまで達しなきゃいけない」とか思ってる時が、
この匿名希望さんみたいに人からの評価っていうのを、すごい気にしてたんですよね。
でも、そんなのうまくいかないし、「私はこれ以上でもこれ以下でもないから」っていうふうに、
このままの自分を認めて、ダメな時も許す…ってなったら、
なんかこう周りの目も気にならなくなって、自分のこともすごい好きになって、
そっからラクになりましたね。
レオ  なるほどね。
Roni  ラクちん! ですよ。
レオ  男の場合は、そこにこうね、
Roni  もう一個つく、っていうことですよね。
レオ  そうそうそう。
Roni  提灯と一緒ですよね。
レオ  あ、そうですね。
Roni  なので、なんかもうホントにラクに、「こういう時もあるんだ」って。
レオ  だから、ものの考え方ね。
そういうふうに考える、そういうふうに考える努力してると、
やっぱり多くの人に好かれていくし、自分というものの気持ちが、
どう考えたらいいのかと思うワケなんで、自分の気持ちの向け方ですね。
Roni  そう! やあ、ホントに、そうですよね。
レオ  そういう人はやっぱり人気者になるし、結果としてみんなに大事にされるワケですよ。
Roni  ねえ!
レオ  大事にされよう、大事にされようと思うと、もうダメですね。
意識の壁を越えていただきたいなと。
Roni  そうですよね。
レオ  ハイ。
Roni  で、その壁をなかなか越えられないとか、
気持ちのスイッチの入れ替えが難しいという方は、
いつでもここに駆け込んで来てください。
レオ  ハイ、そうですね。
Roni  TOSHUさんと私が、ぶった切ったり、背中を押したり、抱きしめたり…
できればと思います。お悩み、もうホントに些細なことでも何でもオッケーです。
その人にとってはとても大きいことだと思いますので、ぜひ送ってください。
asobi@nack5.co.jpです。
匿名希望とかね、名前が言いたくないなんていうのは全然大丈夫ですから。
迷わないで、ぜひ送ってください。
これからのあなたのためになるのであれば、TOSHUさんが与えてくれます!
レオ  ハイ。
Roni  さあ、では、エンディングの前に一曲お送りしましょう。
大澤誉志幸です。「それからの君は」。

 〜(曲)大澤誉志幸「それからの君は」〜

今回のエンディングはRoniが一人で大奮闘?

Roni  いや、もうこんな時間ですよ、今日の番組終わりですよ。
レオ  うん?
Roni  ハイ、もうみんなとお別れの時間ですよ。
レオ  あ、ホント?
Roni  あっという間ですよね、30分っていうのはねえ。
もうちょっと番組やりますか? 延長しますか?
レオ  なんで?
Roni  ま、言っても次の番組が始まってきちゃうとは思うんですけど。
一応、エンディング的なところはやっときますか。
レオ  どうぞ!
Roni  どうぞ? えっ!? まかせちゃう?
レオ  うん。
Roni  じゃ、まかされますね、ハイ。
さあ、『レオナルドTOSHUの遊びがNight』、ま、こんな感じでやってますけれども。
レオ  ハイ、ハイ、ねえ。
Roni  今日は月一恒例のお悩み相談、お答えしましたが、
その他に皆さんから送っていただきたいのが、
「宇宙を感じた瞬間」とか「○○ってどうよ?」、
二人でこんなこと話してくださいなんていうお題をお待ちしています。
すべてのメールアドレスはasobi@nack5.co.jpです。
なんで私のことニヤニヤしながら見てるの? 「がんばってるな」と思ってるんでしょ?
レオ  ハイ、がんばって!
Roni  だって、TOSHUさん今しゃべんないからさあ、
私がしゃべらなきゃと思って、がんばりますよ。
レオ  「がんばってるなあ」と思ってねえ…
いや、一生懸命生きてがんばってるな、と。
Roni  そうですよ! 一人で生きてくの、大変なんだから!
レオ  ハハハ(笑) いや、ホントに。
Roni  誰かがあたしのこと支えてくれるんだったら、
こんな、がんばんなくていいですよ。
だって、自分のこと自分でがんばんなきゃ、誰も私のこと何とかしてくれないから。
さっき言ったみたいに、周りのせいにしててもしょうがないから、
自分でやるんですよ!……ダメ?
レオ  いや、素晴らしい!
Roni  あ、ありがとうございます。
レオ  素晴らしいなあ。
Roni  ありがとうございます! ハイ、ね、そんな感じですね。
レオ  なるほどね。
Roni  それから、NACK5、ラジコからも聞けるので、
レオ  ラジコねえ!
Roni  パソコンまたはスマートフォンでもお楽しみいただけますので。
ハイ、もうがんばった! じゃ、ここまで!
レオ  タティタティタティタティタタタッタタタ♪
Roni  何を歌ってるか、よくわかんないけど。
レオ  ラジコメ〜♪
Roni  また来週!
レオ  アハ、どうも〜!

NEW
2012年6月7日更新しました。 twitter携帯のツイッターはこちらのQRコードから トップページに戻る 最新情報 レオナルドTOSHUの命名エピソードについて このサイトだけでお楽しみ頂けるレオナルドTOSHUのお話と映像 レオナルドTOSHUの遊びがNightラジオ番組情報 NACK5のサイトでラジオ番組音声をお楽しみ下さい レオナルドTOSHUの活動・作品のご紹介 皆様からのメッセージ
レオナルドTOSHUの遊びがNight エンディングテーマ『アンドロメダ王子』視聴はこちらから
詞・曲 深見東州  編曲 知野芳彦

FM NACK5 79.5MHz