レオナルドTOSHUの「遊びがNight」 FMラジオ《NACK5》にて毎週土曜日10:30pmより放送中!



2012/03/10 ジェロ2
2012/03/03 ジェロ
2012/01/21 May J.2
2012/01/21 May J.
2011/11/19 高橋ちか2
2011/11/12 高橋ちか1
2011/10/22 ReeSya
2011/08/06 ザ・ニュースペーパー
2011/07/09 斉藤恒芳
2011/06/11 峠 恵子
2011/05/14 岸田敏志 2
2011/05/07 岸田敏志 1
2011/03/26 C_ute 2
2011/03/19 C_ute 1
2011/02/12 塩塚 博2
2011/02/05 塩塚 博1
2010/11/13 中谷満男2
2010/11/06 中谷満男1
2010/10/16 JYONGRI
2010/10/09 JYONGRI
2010/08/21 ジュリアンビートクライシス
2010/07/24 工藤慎太郎
2010/06/12 熊谷育美
2010/05/22 水木一郎
2010/04/24 植村花菜
2010/04/03 福井 舞
2010/02/27 竹仲絵里
2010/01/30モーニング娘。  新垣里沙・光井愛佳
2009/12/19 多和田えみ
2009/11/21 武川アイ
2009/10/31 小林 旭
2009/10/10 辻 詩音
2009/08/29 まきちゃんぐ
2009/08/08 YUKA
2009/07/18 城 南海
2009/06/27 湯川れい子
2009/06/06 熊木杏里
2009/05/09 藤澤ノリマサ
2009/04/18 藤田麻衣子

2011年11月12日 「○○ってどーよ&ゲストに高橋ちかさん」




国際結婚もアリ? Roniも考えてみようかな?
ゲストには“人肌サウンド”の高橋ちかさんが登場!

クリックすると、番組の音声をお聞きいただけます
NACK5詳しくはこちら


「今日のTOSHUさん」 by Roni

Roni
元パティシエ!シンガーソングライターの高橋ちかちゃんが来てくれました。
甘くて柔らかいお菓子のようにふわふわしているのに、
ギターを持って唄い始めると、ふわふわがきゅっとして、凛とした風も漂う人です。
スタジオライブも演ってくれました。
ちかちゃんが歌い終わった後のTOSHUさんの顔がいつになく柔らかかったのは、
きっと、高橋ちかの歌のせいでしょう。

国際結婚もアリ? Roniも考えてみようかな?
ゲストには“人肌サウンド”の高橋ちかさんが登場!

高橋ちかさん

高橋ちかさん プロフィール
千葉県出身。パティシエからシンガーソングライターに転身。
2007年2月、ミニアルバム「present」で全国デビュー。
ガットギター弾き語りのライブスタイルで、
東京・千葉のカフェやレストランで年間100本のライブを開催。
現在も、ホームであるレストラン「エルコラソン(習志野市谷津)」で隔月ペースでライブを開催中。
2011年11月2日『Melody 〜 Live in elcorazon 〜』をリリース。
高橋ちかさんオフィシャルサイト http://www.takahashichika.com/contents/

「国際結婚ってどーよ」、ハッピーになれそう?

Roni  うれしいお知らせが一つ。
レオ  はい。
Roni  このあとステキな女性がやって来ます。
レオ  あら?もう、Ro、Roniさん以上のステキな女性って。
Roni  んー、でもねぇ、今、噛みましたからね。
レオ  女性しかいないじゃないですか、それだったら。
Roni  ん?どういうことですか?
レオ  いや、いや、いや、いや。
Roni  やって来ますよ。
レオ  いや、女性っぽい男性でよかったんです、僕はね。そんな女性の中の女性が…。
Roni  えーっとねぇ、この際だからはっきりしておこうと思うんですけど、
アタシほど女らしい女はねぇ、世の中あっちこっち探しても、そういないっすよ。
レオ  杉並区に2〜3人、いると思うんだけど。アハハ。
Roni  (怒)そうですか、連れてきてください、今度。
で、今日、来てくれるのはね、シンガーソングライターの高橋ちかちゃんです。
レオ  ほぉ、ほぉ、ほぉー。
Roni  アコースティックな人肌サウンドのニューアルバム、と書いてあります。
レオ  ということは、36.5度か36.2,3度な温度を感じるわけだな。
Roni  はい。このあと、その温度を感じてもらいたいと思いますが、
その前にですね、ちょっと、メールに行きたいと思います。
一応、コーナー化しているんですけども、「○○ってどーよ」コーナー。
レオ  はあ、はあ、はあ、なるほどねぇ。
Roni  今日はですね、埼玉県、41歳、男性の、リンムーさんからいただきました。
「国際結婚ってどーよ」と。
レオ  うん。
Roni  リンムーさんは、「付き合った女性が少ないこともあってか、
日本人女性にあまり魅力を感じません。客観的に見て、困難なことが多そうですが、
遺伝子レベルでは、外国の人との子どものほうが発展的そうです。どう思われますか?」

レオ  国際結婚というふうに言われると、まず何を思うかというと、
日本人の女性を奥さんにした欧米人は、そりゃ、幸せですよ。
Roni  うん。
レオ  中国人も韓国人も日本人の女性を奥さんにしたら幸せです。
夫に一応、従いますし、従順ですし、働き者ですし、ね。
お掃除、洗濯も嫌がらないでやりますから。
Roni  一途ですしね。
レオ  ね、そう。それがね、あの、外国人の女性は、自分の権利を主張すると。
Roni  はい、主張するそうですよね。
レオ  離婚率を考えた時に、国際結婚でうまくいっている場合は、
やっぱり男性が欧米で、韓国・中国で、女性が日本人の場合はうまくいっている。
Roni  はい。
レオ  この逆はほとんど失敗していますね。
Roni  うーん。
レオ  まあ、欧米人は、言葉をはっきり、愛情をはっきり表現していくほうが
受け取ってくれるけど、日本人の場合は、はっきりすぐに反応しないかもしれませんけど、
忍耐強くて、順応性があるから。
世界の教養人の中の3つの幸せというのは、昔からよく言われていて。
Roni  はい。
レオ  日本人の奥さんをもらい、それからフランス人のシェフを持ち、
イギリス人のメイドさんを持つ、かな。
Roni  うん。
レオ  あるいはまた、スイス人でもいいですよ。器物を一切破壊しませんから。
Roni  ほぉ。
レオ  家をキチーッとキレイにする。ま、いずれ、いろいろと説はあるけれども、
料理はフランス人のシェフか、ま、中国人の中華料理と。
Roni  うん。
レオ  でも奥さんは必ず日本人というふうに言われていますね。
Roni  ふーん。
レオ  だから欧米の教養人でも、日本人の奥さんをもらっている人というのは、
みんなうまくいっているという形で。この逆はなかなか少ないですね。
Roni  うーん。
レオ  日本人の男性でうまくいっている場合は、
ドイツ人の奥さんをもらっている場合は、比較的うまくいっていますよ。
Roni  へぇー!
レオ  ていうのは、ドイツ人の奥さんはね、お金を始末してね、きちっとしていて、
ホントに頭が緻密で、家計簿もちゃんとつけて、夫をちゃんと大事にする。
ドイツ人の奥さんをもらった日本人というのは、比較的うまくいっているんですよ。
Roni  ああ、じゃあ、ちょっとリンムーさんもね、ドイツの方狙いとか、どうですかね。
レオ  誰もいないよりは、いるのがいいんじゃないかと思うし。
Roni  はい。
レオ  日本でなかなかねぇ、奥さんがいないというのは、
アジアからも東南アジアからもらっても、カンボジアやラオスって、
ホントにひたむきないい子なのでいいし、
それから男が奥さんをもらうだけじゃなくて、旦那さんも。日本人は若く見えるので、
40過ぎても、50過ぎても、20歳以上若く見えるので、全然平気ですね。
Roni  うん。
レオ  それから再婚、ね、バツイチ、バツニでも全然平気なので。
Roni  うん、そうなんですよね。
レオ  バツイチである程度、歳とって、一人はイヤだなと思ったら、
国際結婚を考えたら、全然かまわず、日本人っていうのは大歓迎で。
Roni  そうですよね。うーん。
レオ  ね、結婚できるチャンスも多くなるんで。
Roni  はい。
レオ  国際結婚というと、僕はそういうふうに考えて。
Roni  はい。
レオ  何もないよりは行き詰まったものを打開するためには、
国際結婚がいいんじゃないかなと思うんですよね。
Roni  はい。あの、リンムーさん、アリだと思います!
私ももう、日本人とか、もう、なに人とか、いいんです!結婚したいです!
レオ  ああ…(笑)
Roni  斉藤和義 「やさしくなりたい」

〜(曲)斉藤和義「やさしくなりたい」〜

パティシエになるのが、小さい時からの夢だった

レオ  ♪バイ、バイ、バイ、私のパティシエ〜
Roni  パティシエ。
レオ  ♪パイだって作る〜
Roni  ンン(咳払い)、あのー、TOSHUさん、バイバイじゃなくて、
今、来てくれたばっかりですからね。
レオ  ああ、来たばかりだから、そうか。
Roni  はい、『レオナルドTOSHUの遊びがNight』。
パティシエっていうのは、あるキーワードになっているかもしれませんが、
今夜来てくれたのは、この方でーす。
高橋  シンガーソングライターの高橋ちかでーす。
レオ  “芯が”ね、ソングライターなんですよ。
Roni  そうなんですよ。
レオ  もう中から、ソングライターなんですね。
Roni  もう心の芯からソングライターなんですね。
レオ  そうです、そうです。そうです、そうです。
Roni  はい、TOSHUさんは高橋ちかちゃんは初めまして、ですよね。
高橋  初めまして。
レオ  いや、初めて見ました。Roniさんは何度か。
Roni  はい、何度か会っていますよね。
高橋  そうですね。
Roni  ライブも見たりしてるんですけども。
レオ  あら。
高橋  はい。
Roni  今日、あの、初めて会った二人ですけども、何かお洋服が若干。
レオ  そうなのよ。
高橋  ペアルック的な、ね、感じですね。
レオ  ペアルック的。
Roni  高橋ちかちゃんは、さっきも言ったようにシンガーソングライターなんですよ。
それで、さっき言ってた、TOSHUさんのパティシエ。
レオ  はあ。
Roni  これが、かつてパティシエだった。
レオ  かつて。
高橋  かつてですね。このシンガーソングライターの前にパティシエだった。
レオ  パティシエって言うと、お菓子作りだ。
Roni  あ!よくわかりましたね。
高橋  そうです。
レオ  私の西荻窪の近くにね、世界パティシエコンクールで、
チョコレート部門で世界一になった人がいてね。
Roni  ああーっ!
高橋  でも、パティシエ時代はよく、そういうショーのチョコの…。
レオ  食べてた?
高橋  ステキな、すごい大きいケーキとかを、ショーを見に行ったりとかしていました。
レオ  あ、してた?ああー。
Roni  へぇー。で、その、パティシエをやっている時は、
音楽はやっていなかった?やりながら?
高橋  そうですね。やりながらですね。パティシエになるのがずっと夢で。
レオ  ああ、そう。
高橋  お菓子職人になったんですけど、趣味で、と思って
音楽もずーっと続けてはいたんですね。
レオ  じゃ何年やってらっしゃたんですか、パティシエは。
高橋  3年なんですけど。学校に行って、それから就職して、3年。
Roni  へぇー、でもなるのも大変だったでしょう?
高橋  そうですね。でも、やっぱ、大好きな仕事だったんで、
全然、ホントに楽しかったですね。
レオ  あこがれてくるけども、割と現場は厳しいんで、
続かない人が多いって聞きましたけどね。
高橋  ああ、まあ、けっこう、カラダ的には大変ですけど。時間も長いんで。
Roni  うーん。
レオ  そうでしょう。ケーキっていうのは、タイミングと時間、分数。
高橋  うん。
レオ  微妙な、ねぇ。
高橋  そうですねえ。
レオ  見計らいができないと、味が狂っちゃうから。
Roni  うーん。
レオ  割とね、真剣勝負ですよ。
高橋  そうですね、ホントに、毎日違う。
同じものを作っても、違うものができたりするので。
Roni  へえ。え、小さい頃から、お菓子作りは好きで、作っていた?
高橋  好きで、作っていましたね。
Roni  へぇー。
高橋  もうそれしか夢はないと思って、やってきたんですけど。
レオ・Roni  へぇー。

お菓子作りと曲作りの共通点

レオ  僕はね、ああそうだ、思いだした。アテスウェイという。
Roni  アテスウェイ。
レオ  アテスウェイというケーキ屋さんがいてね、もうね、朝早ーく起きて、
一個一個大事な、自分の子どものようにして作って。
高橋  ああ。
レオ  職人気質で。だから一遍に頼むと、
なくなっちゃうからと言ってね。
あんまりね、大量生産型ではない。どこで食べるよりも、品があって。
西荻窪には、美味しいケーキが、四大ケーキ屋というのがありまして。
Roni  ほぉ。
レオ  どれもみな、いいんですけど、
やっぱりそのアテスウェイを超えるものはなかなかない。
全国にケーキ屋があったら必ず食べるんですけどね。
高橋  アテスウェイですか。
レオ  うん、そうそう。
高橋・Roni  へぇー。
レオ  東京女子大の前にありますよ。
高橋  チェックしちゃいます。
レオ  もう、ホントに、二ひねり、三ひねり、四ひねりあって、
新しいものを常に作ってね。
高橋  うーん。
レオ  もうケーキは子どものような感じで作っている。
Roni  へぇー、それ、わかる?ケーキは子どものようっていう。
高橋  わかりますね。
レオ  そう、だから、品物を、売買というようじゃないような感覚でね。
これはパティシエスピリッツだなと、僕はいつも思っていたのね。
高橋・Roni  うーん。
レオ  ひょっとしてそういう感覚で曲も作ってらっしゃるの?
高橋  そうですね、やっぱり曲も、お菓子に似ているところもあって。
レオ  はあー。
高橋  シンガーは体とギターと声だけしかないですけど、
お菓子もこう、材料って、けっこう、そんなにないんですよ。ベースとなる材料。
粉とタマゴとバター。その中で何を作るかっていうような。
シンガーソングライターって、自分で書いて、自分で歌うための歌を書いているので、
そういう意味では愛を込めて、曲を書いていますけどね。

TOSHUとRONIと高橋ちかさん

“人肌サウンド”をカフェライブで

Roni  うーん。高橋ちかちゃんは、ホントにこう、ちょっと独特というか。
レオ  それが楽しみなんだよ。
Roni  わあー!
レオ  それがいいなーと思って。
Roni  はい。
高橋  えへへへ。
レオ  型にはまらないもの、うん、だからね、結局、
作曲から見たら、「ちょっとなあ、この展開は…」とか、
「この詞はよく意味がわからんなあ」と思うんだけれども、それでもね、やっぱり、
個性がキラッと光っていてね、いいなぁと思って、愛される曲だったらいいんじゃないかと。
Roni  あ、そのねぇ、“個性のキラ”はやっぱりあって。
レオ  その“キラ”がいいねぇ。
Roni  ちょっとそれを楽しみに、このあと曲もお送りするんですけども、
その個性的っていうところでいうと、カフェライブとかを。
レオ  ほぉー。
高橋  そうなんですよ、けっこうやっていて。
レオ  これはもう、パティシエらしいですよね。
高橋  そうですね。やっぱり食っていうのはすごく関心がある分野なので。
レオ  そうだね、やっぱり普通のシンガーソングライターとは違う
職歴を経ているからね。
Roni  はい。
レオ  考え方、作り方がやっぱり違う。その個性が面白いと思うんだけど。
願わくは、作曲から見ても「いい曲を作るねぇ」とか、
作詞から見ても「いい詞を作るねぇ」といったら…。
高橋  えへへへ。
レオ  曲は一人歩きしてね、残っていく。
高橋  うーん。
レオ  そこを目指してほしいなあと。
いつも、シンガーソングライターの人に会うと、そう思うんで。
自分も曲を作るんだけど、それを目指しているんだけどね。
なかなかそうはいかない。難しいけど。目指すものは!
高橋  目指すものは。
レオ  目指すのはタダですからね。
高橋  そうですね。
レオ  メザシも安いし。
高橋  はい、アハハハハ(笑)
Roni  メザシも食べながらってね。
レオ  メザシも食べながら、目指すのは全然いいんじゃないかと思うんだけど。
Roni  で、そのカフェライブなんですけども。ま、カフェライブとは言うんですけど、
レストランだったりもするんですよね。
高橋  はい、そうなんです。レストランカフェで。
レオ  ほぉー。
高橋  生活に近いところで、座りながら、美味しいお食事と、
いい雰囲気で音楽を聞けたら、みたいな。
レオ  なるほど。
Roni  ライブハウスとかだと、お酒を飲みながらってなるじゃないですか。
レオ  なる、なる。なる、なる。
Roni  食事をしながら、というのがね。
レオ  それはまた健康的ですね。
Roni  うん、ステキですよね。
レオ  曲をしっかり聞ける。
Roni  こういうカフェライブとかレストランでのライブというのは、
どうしてやっていこうと思った?
やっぱそれは、そのパティシエをやっていたというのがあって。
高橋  そうですね。やっぱりそれもありますね。
あと自分の音楽性が、けっこう弾き語りで、しっとり系なので、
立ってお酒飲んで、イェイ!というよりは、お食事食べながら、お話しながら、
こう、しっとりのほうが。
レオ  そういうのは何系って言うんですか?弾き語り系って言うの?
高橋  そうですね。カフェ系とかよく言われます。
レオ  カフェ系?
Roni  あと、まあ、オーガニックサウンドとか。
レオ  オーガニックサウンド!
Roni  で、高橋ちかちゃんのでいうと、“人肌サウンド”っていう言葉があるんですよ。
レオ  これは新しい言葉、“人肌”ねぇ。
高橋  はい。
レオ  えー、36.5度くらいかな。
高橋  はい。
レオ  これはあんまり聞かない、新鮮な言葉ですね。
Roni  じゃあちょっとその“人肌”に触れてみましょうか?
レオ  “人肌サウンド”、うーん。
高橋・Roni  はい。
Roni  新しいアルバムがもうリリースされています。
高橋  はい、されています。
Roni  じゃ、そこから、TOSHUさん。
レオ  “人肌サウンド”ね。
Roni  はい、感じてみてください。
レオ  このシンガーソングライターのために、ひと肌脱いでみたくなるような。
高橋  えへへへへ。
Roni  脱ぎましょう。
レオ  曲なのかな。
高橋  聞いてください。
Roni  じゃあ、聞きましょう。じゃあ、ちかちゃん、曲紹介、お願いします。
高橋  はい、では、11月2日にリリースになった、
ミニアルバム『Melody』より、タイトル曲の「Melody」

 〜(曲)高橋ちか「Melody」〜

ホームグラウンドのカフェでレコーディングも。
ミニアルバム「Melody」リリース中!

Roni  さあ、今夜は高橋ちかちゃん、お迎えしていますけど。
高橋  はーい。
Roni  TOSHUさん、どうでしたか?さっきお送りした「Melody」という曲。
レオ  これは今、お聞きしたら、普通のまあ、レコーディングスタジオではない、
ね、明るくて広がりがあって、ピシーッとキレイすぎないような。
高橋  そうなんですよ。
Roni  ほぉー。
レオ  日常の感覚。ねぇ。
Roni  はい、あのー、アルバムタイトルも、
『Melody 〜 Live in elcorazon 〜』ってなっているんですよね。そうですよね。
高橋  千葉にあるステキなレストランですけど。
Roni  はい。Live in elcorazonということは、ここでライブをしている?
高橋  このレストランで、ライブのバージョンの曲も入っていますし、
レコーディングも全曲、このレストランで。
レオ  レストランでレコーディングかぁ。
高橋  ちょっとそのあったかい空間を閉じ込めたいなと思って。
レオ  おそらくそのほうが、自分が乗るんでしょうね。
高橋  そうですね。
レオ  その時の、ね。でも、こういう感覚でやると、伝わってきますね。
聞いている人にね。
Roni  はい。
高橋  ありがとうございます。
Roni  じゃあ、TOSHUさんも、“人肌”な感じ…。
レオ  “人肌”な感じで。
Roni  感じていただけましたか?
レオ  これも私も、いいヒントをいただいて。
Roni  お!ぜひみなさん、手に入れてみてください。
『Melody 〜 Live in elcorazon 〜』。高橋ちかちゃんのこの新しいミニアルバム、
リリースされています。
高橋  はい。
Roni  で、このね、CDの中にも。そのレストランから撮っているなー、
みたいな風景の写真が歌詞カードの中にもあるんですが。
高橋  そうなんですよ。
Roni  ここにまさに、TOSHUさん、その一枚の。
レオ  ん?レストランで。
高橋  このレストランで。
Roni  ポストカードが。
レオ  あれ?
高橋  そうなんですよ。
このレコーディングのメイキングを、フォトカードにしてみました。
Roni  ホントにこういう感じだったんだってねえ。
高橋  もう、ミュージシャンで丸くなって、みんなで、こう。
Roni  だって、ほら、TOSHUさん、ギネスの。
高橋  アハハハハ(笑)ビールサーバー、持っています。
Roni  はい。もう、だからまさにホントにレストランで撮ったんだなあ
って感じがありますけど。
レオ  あ、ギネスビールね。
Roni  うん。このポストカードを今日は、サインをちかちゃんが。
高橋  はい。
Roni  書いてくれて、5名様にプレゼント。
レオ  ちかさんは左端にいる方が?
高橋  そうですね。それが私です。
Roni  当たりでーす。TOSHUさんも欲しいですか?
レオ  うん、なんかねぇ、これ、すごく反響のいい、
英語で言えば、acousticsのいいとこなんですかね。
高橋  うん、そうですね。
Roni  じゃあ、TOSHUさんも欲しかったら、応募してくださいね。
高橋  ええっ?
レオ  はい、応募します。
高橋  差し上げますよ。
Roni  応募はですね、NACK5のモバイルサイト、またはNACK5のパソコンのホームページで、
タイムテーブルから『レオナルドTOSHUの遊びがNight』の項目をクリックして、
メッセージ応募フォームから送ってください。
プレゼントなので、必ずあなたの名前、連絡先、住所も忘れずに。
あと、ちかちゃんへの応援メッセージとかね。
高橋  はい。
Roni  ライブを見たことがある人は、ライブの感想なんかもね。
高橋  聞きたいですね。
Roni  送ってくれたらうれしいですけども、ライブはどうですか?今後も。
レオ  年間100回も。
Roni  やってるんですよ。
高橋  はい。カフェライブ、行きまくってますね。
Roni  近々でもありますか?
レオ  3日に1回。
高橋  近々では、明日、11月13日、千葉の船橋、「SAHARA」というレストランで、
すっごいオシャレなところでカフェライブがあります。
レオ  それ、カフェライブをレストランでやったら、出るんですかね、まかないの食事が。
高橋  出ますよ、すっごい。
Roni  あ、ちかちゃん、そこ心配しなくていい。
レオ  そこがなんかいいな。
高橋  それが楽しいんですよね。
レオ  僕もやろう、それ、やろうかなぁ。
Roni  そうですね。美味しいもので、食べられますよね。
レオ  やっぱり、うーん。それはいいねぇ。
Roni  ぜひみなさんも、美味しいものを、そして美味しいお酒、
美味しい音を楽しんでみてください。
詳しい情報は高橋ちかちゃんのオフィシャルホームページ。
高橋  はい。
Roni  こちらものぞいて見てくださーい。
高橋  お願いしまーす。
Roni  もう少し、ちかちゃんの“人肌”に触れたいと思いまして。
レオ  触れたいですね。
Roni  今日は残念ながら、もうお時間なので、来週、もう一回。
高橋  いいですか、お邪魔しても。
Roni  はい、お待ちしています。
レオ  ぜひせひ、お待ちしております。

高橋ちかさんのサイン色紙

NEW
2012年6月7日更新しました。 twitter携帯のツイッターはこちらのQRコードから トップページに戻る 最新情報 レオナルドTOSHUの命名エピソードについて このサイトだけでお楽しみ頂けるレオナルドTOSHUのお話と映像 レオナルドTOSHUの遊びがNightラジオ番組情報 NACK5のサイトでラジオ番組音声をお楽しみ下さい レオナルドTOSHUの活動・作品のご紹介 皆様からのメッセージ
レオナルドTOSHUの遊びがNight エンディングテーマ『アンドロメダ王子』視聴はこちらから
詞・曲 深見東州  編曲 知野芳彦

FM NACK5 79.5MHz