レオナルドTOSHUの「遊びがNight」 FMラジオ《NACK5》にて毎週土曜日10:30pmより放送中!



2012/03/10 ジェロ2
2012/03/03 ジェロ
2012/01/21 May J.2
2012/01/21 May J.
2011/11/19 高橋ちか2
2011/11/12 高橋ちか1
2011/10/22 ReeSya
2011/08/06 ザ・ニュースペーパー
2011/07/09 斉藤恒芳
2011/06/11 峠 恵子
2011/05/14 岸田敏志 2
2011/05/07 岸田敏志 1
2011/03/26 C_ute 2
2011/03/19 C_ute 1
2011/02/12 塩塚 博2
2011/02/05 塩塚 博1
2010/11/13 中谷満男2
2010/11/06 中谷満男1
2010/10/16 JYONGRI
2010/10/09 JYONGRI
2010/08/21 ジュリアンビートクライシス
2010/07/24 工藤慎太郎
2010/06/12 熊谷育美
2010/05/22 水木一郎
2010/04/24 植村花菜
2010/04/03 福井 舞
2010/02/27 竹仲絵里
2010/01/30モーニング娘。  新垣里沙・光井愛佳
2009/12/19 多和田えみ
2009/11/21 武川アイ
2009/10/31 小林 旭
2009/10/10 辻 詩音
2009/08/29 まきちゃんぐ
2009/08/08 YUKA
2009/07/18 城 南海
2009/06/27 湯川れい子
2009/06/06 熊木杏里
2009/05/09 藤澤ノリマサ
2009/04/18 藤田麻衣子

2009年5月2日 お題頂戴
「中国の風水や開運スポットについて」




今週は全編お題頂戴コーナー。スタッフが海外経験の多いレオナルドTOSHUに「中国」というお題についてお話しくださいとリクエスト。風水や開運スポットなどいろいろなお話を聞きました。

★今週のお題 『中国 』


Roni  ゴールデンウィークも仕事をしている私ですが。
レオ   はあ。
Roni  人生で一度は、中国に行きたいんです。
レオ   ああ、なるほど。

Roni  レオナルドTOSHUさん。
レオ   うん。

Roni  ずばり、中国と私というテーマでフリートークしちゃってくれませんか。
レオ   なるほどね。

Roni  はい。
レオ   不倫のトークなんて言われても、そんな……。

Roni  ああ、えっとですね、そこ……。
レオ   不倫はしたことないから。

Roni  ちっちゃい、あの……。
レオ   え?

Roni  「ん」いらないです。
レオ   ああ、「ん」がいらないの。

Roni  フリーな、自由なお話をという。
レオ   あ、フリーか。

Roni  はい。何か、これ、中国はもちろん行かれたことは。
レオ   いや、もうしょっちゅう行ってますよ。あそこの、中国の清華大学の美術学部の博士課程を卒業して、あそこで博士号取って、3年かかりましたけどね。あと、浙江大学という、中国で3番目のランクの、これ、6年かかって入宋僧の研究で博士号取りまして、中国で2つ博士号取りましたね。

Roni  ということは、もちろん中国語。
レオ   いや、ね、そのときの試験が、中国語の試験があって、そのペーパーテストは点数よかったけど、必死で勉強してね。でも、ふだん使ってないとね、全然だめですね。

Roni  私、できますよ。
レオ   はあ。

Roni  ニーハオ。
レオ   これはすごい。

Roni  ウオー・アイニー。
レオ   おお、これはすごい。

Roni  ああ、告白しちゃったー。
レオ   いや、おかしい話で。

Roni  ふははは。
レオ   おかしい話、僕ね、それでちょっと思い出したけどね。

Roni  はい。
レオ  万里の長城のね。

Roni  うん。
レオ  長富飯店というのね、日中合作でつくったホテルがあるのね。そこで僕が受付のところで待ってるときに、日本人の親子が来てね、「私、中国語、全然知らないよ」って言うのね。うん、「あのね、知ってる中国語って1つだけなのよ」「何?」って「北京ダックっていう言葉しか知らないのよ」って。

Roni  ははははは。
レオ   北京ダックは中国語じゃない

Roni  ですよね。
レオ   ペイチンコーカオヤーです。

Roni  おー。
レオ   北京ダックのことを「ペイチンカオヤー」というんですけど、北京ダックというのをね、中国語だと思ったのね。

Roni  へー。
レオ   ははは。おかしくて、おかしくて、僕ね、その親子の会話を聞いてね、ソファでもう、笑い転げてたけども、見つからないようにね。これがね、中国語だと思ってた、お姉さんが。

Roni  そうですね。で、中国といえば、レオナルドTOSHUさんは、中国語の歌を。
レオ   ああ、もう。だって、その、楊貴妃(ようきひ)という、ま、「ヤン・グイ・フェイ」と言いますけどね。

Roni  はい。
レオ   中国語のオペラを主催し、私が、あのー、楊貴妃が日本にね、あのー、実は死なないで逃げてきたという伝説が山口県にありますよ。

Roni  はい。
レオ   それを留学生が、アカオというのが、あのー、日本へ連れてきたという。その留学生の役で、唯一日本人が私で、全部中国語ですよ。それはもう全部中国語のオペラなんでね。ところが、聞いた僕の京劇の先生で、王金路先生というね、90歳近い京劇の泰斗と言われる、その先生に人民大会堂でパイシって、拝む師と書いてね、入門したわけだ、おじきして。あと、えっと、葉蓬老師って、葉蓬先生に歌と、武生っていう、この、チャンバラのね。

Roni  はい。
レオ   それに入門して、正式に京劇の、北京京劇団の団員ですので、僕は関羽ばっかりやりますけどね。

Roni  おー、はい。
レオ   その人が、オペラ聞いてて、僕の中国語が一番わかりやすく、中国語として聞こえて、中国人の中国語は半分が聞けない、あの、わかんなかったって。

Roni  ふーん。
レオ   で、あんまり母音を響かせ過ぎるもんだから、はっきり発音しないんですね。あの、北京語が話せる人というのは、13億の中国人のうち1億人もいないんですよ。

Roni  へー。ま、たくさんありますもんね。
レオ   うん、だからね、こう、言葉が幾つもあって、広東のほうとか上海のほうとか。

Roni  はい。
レオ   お互いが全然違う言葉みたいなんですよ。

Roni  うーん、なるほどね。ちょっと、じゃ、その中国の歌を。
レオ   あ。

Roni  後ほど。
レオ   後ほど。

Roni  はい。

Roni  レオナルドTOSHUさんは、中国に行くと何食べますか。
レオ   何でも食べますよ。

Roni  何がおいしいですか。
レオ   いや、もう、もうね、これが、皆さん、知っといてほしいんだけど、日本料理って言われると、何かって言われると、何でもあるでしょ。

Roni  うん、何でもありますね。
レオ   新しいものとか、何でも。

Roni  はい。
レオ   日本人にとって中華料理というと、まあね、五目焼きそばとか、フヨウハイとか、八宝菜とかね。

Roni  麻婆豆腐。
レオ   麻婆豆腐って、そういう定番のがあるじゃないですか。

Roni  はい。
レオ   ところが、中国に行ったら、こんなの生まれて初めて食べたというようなものが必ず1つか2つあってね。

Roni  はい。
レオ   中国人にとっての中華料理は、常に新しいものなんです。だから、新しい料理がでてくる。定番のもので幾つかあってもね、日本のすき焼きとかしゃぶしゃぶみたいに。でも、ほとんどは、もう全く新しいもの、食べたことのないような新しいものが次々、次々出てくるのがいい中華料理って考えているんです。だから、定番のものを食べれると思って行ったら、定番のもの、ま、例えば酢豚なんていうのはあっちでは安いものでね、酢豚の味がいろいろで。

Roni  ふーん。
レオ   こう、うん。それから、あのー、ギョウザっていうのは、おめでたいときに、あれ、やるんですね。財布に似てるものだから。

Roni  ああー。
レオ   うん。だから、今日はおめでたいものだから、ギョウザ出そうといって、何でギョウザがめでたいんですかっていうと、財布の、昔、ひもでこうやったように似てるから、お金が。あの、入るような感じなんで、ギョウザはおめでたいときにやるんだって。

Roni  へー。あの、中国って、そういう、何ていうんですか、縁起とか験担ぎみたいなことって多いですよね。
レオ   うん、そう、多いかどうかはわかんないけども、ありますね。

Roni  うん、うん。あの、香港、私、香港は行ったことあるんですけど、やっぱりすごい風水で、みんな生きてるじゃないですか。
レオ  ああ、そうそう。

Roni  でも、あれ、大事ですよね。
レオ   風水ね。あのね、四柱推命とかホロスコープとか言うけども、中国人はいろいろ、あらゆる占いを研究した結果ね。

Roni  はい。
レオ   結局生まれながらすごい運を持ってる人間が生まれたらね、もう、それ、関係ないと。

Roni  うん。
レオ   だから、自分の子孫の7代目ぐらいに、ものすごい天下をとるような子孫が生まれることが大事だということで、お墓に凝るんです、中国人は。

Roni  お墓。
レオ   うん。だから、それの影響を受けて、あの、天海和尚なんかが、あの、久能山にあった家康のお墓を、ね、日光東照宮のあそこに移したんですよ。

Roni  ああ、はい。
レオ   それから、えーと、藤原氏の7代目、8代目、だから道長、その前に良房、基経なんていう藤原王家をつくった、その中臣鎌足、すなわち藤原鎌足は、談山神社というね、「談合」の「談」に「山」と書く、奈良のね。そこは地理風水学というの、ほんとは。
Roni  うん。
レオ   そこに、ポンという龍穴、龍の穴、そこにお墓をつくると、7代目、8代目に偉大なのが出て、その家紋の誉れになるようなすごい運の者が生まれると。
だから、藤原氏もそうだし、それから徳川家も、みんな結局そこへ移しているわけですよ。

Roni  へー。
レオ   これは、もう門外不出のものなの。だから、ほんとうは風水、風水、今言うけど、ほんとは地理風水学という、お墓をどこに設定するかというものが、結局中国人の知恵の究極だったんですね。

Roni  うーん。
レオ   だから、そういうエネルギーとか土地のエネルギーというのは、非常に、香港なんかはね。

Roni  香港は、もう、何かみなぎってますよね。
レオ   みなぎってる。この、隣の都市とこっちの都市と、値段が10分の1ぐらい違う。うん。何でかって、ここ、風水、運のいいところだからですね。

Roni  そう、そうなんですよね。建物とかでもね。そういう、あのー、地のパワーのあるところに行くと自分も元気になるじゃないですか。
レオ   ああ、そうです。

Roni  ねえ。例えば、じゃ、香港でも中国でも、ここに行くとすごいいいよというスポットとか、もしあったら教えてください。
レオ   いや、それはもうね、紫禁城とかいうのは、そういうところにつくってますよ。

Roni  そうなんだ、ふーん。
レオ   ちゃんと地理風水学の中心……。

Roni  わけがあるんですね。
レオ   うん、もちろん、あのー、南宋の子孫の、杭のほうの杭州もそうですし、もちろん開封、ハイファンですね、これはもう北宋の首都、首都になるんだ、洛陽も。みんな、地理風水で都市づくりしています。それをヒントにしたのが、日本の京都の、あの平安神宮もそうですね。

Roni  はー。
レオ   みんな地理風水学に基づいて都市づくりをしているわけです。京都なんか、特にそうですね。だから、首都になるところというのは、やっぱりすごいところですよ。だから、北京というのは、すごいエネルギーみなぎってますね。

Roni  なるほど。何か、その海外旅行に行くんでも国内でもそうですけど、ま、お買い物とかご飯とかだけじゃなくて、こう、ここはそういういわれがあるとか歴史をちょっとでも勉強していくと、また楽しいですよね。
レオ   そう、天壇、もちろん紫禁城なんていうのは、すごいエネルギーのスポットですね。

Roni  うーん。ちょっと私、行ってみたいですね。中国は行ったことないので。
レオ   あ、そう。

Roni  うん。
レオ   いや、とにかくね、万里の長城を見たらね、こんなの、人間がつくったのかというふうに腰抜かすほど驚きますよ。

Roni  へー。
レオ   でも、中華料理というのは、あらゆる幅があるんで、日本で食べる中華料理のように思わないほうがね。

Roni  うん。
レオ   四川料理でも、辛いというけども、ほんとにいいお店は、辛くともものすごくおいしいですね。

Roni  うーん。何か、ま、食も含めて、いろんなカルチャーにどんどん触れてほしいなと思いますが、その文化の1つといえば、やっぱ音楽だと思うんですが。
レオ  はあ、はあ、なるほど。

Roni  さっきもちらっとね。
レオ   うん。

Roni  お話ししましたが。
レオ   そうそう。

Roni  レオナルドTOSHUさんは、中国語で歌も歌っているということで。
レオ   ああ、そうですよ。

Roni  うん。これ、ちょっと聞かせてもらったりとか。
レオ   じゃ、「北国の春」を中国語で歌いましょう。

というわけで、「北国の春」を中国語で歌うレオナルドTOSHUでした♪

NEW
2012年6月7日更新しました。 twitter携帯のツイッターはこちらのQRコードから トップページに戻る 最新情報 レオナルドTOSHUの命名エピソードについて このサイトだけでお楽しみ頂けるレオナルドTOSHUのお話と映像 レオナルドTOSHUの遊びがNightラジオ番組情報 NACK5のサイトでラジオ番組音声をお楽しみ下さい レオナルドTOSHUの活動・作品のご紹介 皆様からのメッセージ
レオナルドTOSHUの遊びがNight エンディングテーマ『アンドロメダ王子』視聴はこちらから
詞・曲 深見東州  編曲 知野芳彦

FM NACK5 79.5MHz