レオナルドTOSHUの「遊びがNight」 FMラジオ《NACK5》にて毎週土曜日10:30pmより放送中!



2012/03/10 ジェロ2
2012/03/03 ジェロ
2012/01/21 May J.2
2012/01/21 May J.
2011/11/19 高橋ちか2
2011/11/12 高橋ちか1
2011/10/22 ReeSya
2011/08/06 ザ・ニュースペーパー
2011/07/09 斉藤恒芳
2011/06/11 峠 恵子
2011/05/14 岸田敏志 2
2011/05/07 岸田敏志 1
2011/03/26 C_ute 2
2011/03/19 C_ute 1
2011/02/12 塩塚 博2
2011/02/05 塩塚 博1
2010/11/13 中谷満男2
2010/11/06 中谷満男1
2010/10/16 JYONGRI
2010/10/09 JYONGRI
2010/08/21 ジュリアンビートクライシス
2010/07/24 工藤慎太郎
2010/06/12 熊谷育美
2010/05/22 水木一郎
2010/04/24 植村花菜
2010/04/03 福井 舞
2010/02/27 竹仲絵里
2010/01/30モーニング娘。  新垣里沙・光井愛佳
2009/12/19 多和田えみ
2009/11/21 武川アイ
2009/10/31 小林 旭
2009/10/10 辻 詩音
2009/08/29 まきちゃんぐ
2009/08/08 YUKA
2009/07/18 城 南海
2009/06/27 湯川れい子
2009/06/06 熊木杏里
2009/05/09 藤澤ノリマサ
2009/04/18 藤田麻衣子

2009年9月12日 お題頂戴
「すてきなレストランを紹介してください」
「番組で流れている小林旭さんのCMが耳から離れません」




今週は、皆さまからいただいたお題から
レオナルドTOSHUお勧めの、コンビニの食べ物から、
レストランや高級料亭まで、各地のおいしいお店をご紹介。
さらに、レオナルドTOSHUと小林旭さんとのお話など、
ふたりのトークをお楽しみください。

★今週のお題 その1★

「TOSHUさん、すてきなレストランを紹介してください」


Roni  さて、レオナルドTOSHUさんにとっては、秋といえば何の秋ですか。
レオ   いや、もうあらゆるものが秋ですよ。
Roni  そうですよね、やっぱり芸術の秋ですよね。
レオ   芸術の秋と同時に、ま、食べ物もね。
Roni  あっ、やっぱり!
レオ   芸術の一種ですね。
Roni  あっ、なるほど!
レオ   そう、そう、そう。
Roni  じゃあ、よく、う〜ん、食の秋、芸術の秋なんて分けるけれども、それは。
レオ   うん、芸術的な食べ物もありますね。
Roni  えっ! 例えば? あの、やっぱね、TOSHUさんて、
いろんな場所で、いろんなおいしいものを召し上がっているので。
レオ   あっ、でもね……。
Roni  芸術的な食とか教えてほしいな。
レオ   まあ、主にコンビニ弁当、セブン・イレブンが一番おいしいけどね。
Roni  食べます?
レオ   コンビニ弁当、それから、オリジン弁当。
オリジン弁当は目の前ですぐ作ってくれるしね、もう、夜、昼なくやっているんで。
Roni  はい。
レオ   あと、松屋の牛丼をですね、牛皿買ってきて、特盛と合わせて、
こんなん、ね。カップから、こう盛り上がってる感じで、穴、2個あけてね、
生卵を2個入れると、Hカップ丼っていって、あたかも、この肉がね、
カップから、こうあふれ出ているのがHカップのようになっているというので、
これはもう何時でも、24時間ね、好きなときに牛丼が食べれますから。
Roni  はい。
レオ   こういう芸術的な食べ方から、何といっても。
Roni  アートですね。
レオ   うん。日本食は、あの「吉兆(きっちょう)」ですね。
Roni  あの〜、振り幅、すごいですね。
レオ   そうですかね。
Roni  うん。
レオ   これが、あの〜、何といってもね、芸術的な食べ物でいうと、
日本食では「吉兆」に勝る所はないですね。いいところはたくさん、もちろんあるけれども、
おいしいのは当たり前、一流は。
超一流になったらどうなるかというと、驚きと感動があるわけ。
驚きと感動の中に、やっぱり意外性があってね、驚いて、感動して、ああ、意外だねと。
それで、料理人がね、食べるお客さんに勝負かけてくるしね。
それは、もう「う〜ん、参った〜」という。 
まあね、「吉兆」というと、どれぐらいするんかというとね。
Roni  ええ。
レオ   ま、帝国ホテルの「吉兆」さんとかいろいろ、
1万円、1万5千円とか2万円とかあるけど、
普通、「吉兆」の本店・高麗橋は1人大体5万円。
Roni  え〜っ!
レオ   何かもう一品少ないんじゃないかという気がするね。
で、料亭「吉兆」というね、銀座にある料亭「吉兆」は1人10万円。
Roni  はっ?
レオ   頼みもしないのに、急に芸者さんが来てね、
舞台が上がったり、下がったりしてね。
マイヤ・プリセツカヤさんとか、フランシス・フクヤマさんをお連れしましたけどね。
Roni  はい。
レオ   でもね、あらゆる「吉兆」、全店、大体行きました。
Roni  すごーい。
レオ   そん中で、「吉兆」でお勧めするのは、嵐山「吉兆」と
西洋銀座ホテルの西洋銀座「吉兆」。もうこの2つが、「吉兆」のお店の中でも
お互い競争していてね、一番いい。
嵐山「吉兆」は、ちなみに1人8万円ですけどね。
Roni  あの〜、1カ月、人が部屋に住める金額ですよね。
レオ   でもね、8,000円のを10回ごちそうするよりね、8万円のを1回ごちそうしたら、
もうずっと永遠にね、何十年たっても覚えてますよ。
Roni  でも、その8万円でも、うん、これは8万円だろうという中身ということですよね。
レオ   うん、そうです。 だから、おいしいのは当たり前、
超一流になってくると、驚きと感動と意外性があるだけじゃなくて。
Roni  はい。もう、まさに芸術で。
レオ   容器がね、器がもうね、アートでしょ。
Roni  うん。
レオ   で、そこに、やっぱり四季折々の花とか、意外な演出があり。
Roni  うん。
レオ   それから、起承転結があるね。
Roni  うん。
レオ   だから、一見普通に見えて、食べたら、あれっ、違うなと。
素材で勝負するとか。もう、御飯そのものがおいしいですね。
昔は佐渡島の佐渡米使っていたんですね、新潟米だから。
Roni  ええ。
レオ   今は、北のほうの新潟米を使っていますから。
で、普通、「吉兆」はみな、親戚同士でやっているんで、
1カ月に1回、料理研究会をやってね、どこも味が落ちないように、お店同士のやっぱりね。
Roni  切磋琢磨があるんですね。
レオ   で、西洋銀座「吉兆」はね、大トロのしゃぶしゃぶ。
Roni  はあ〜。
レオ   肉のしゃぶしゃぶじゃない、大トロのしゃぶしゃぶ。
Roni  うわ〜。うん。
レオ   それからね、こう、お姿で出てくるね。
Roni  はい。
レオ   フカヒレがね、これがあんかけになっているのと、
そこに、フカヒレのお姿の中に、スッポンのおだしの入った茶碗蒸しとかね。
そのね、西洋銀座「吉兆」にしかないメニューがあるわけ。
Roni  うん。
レオ   だから、それぞれのお店にも共通のものもあるけど、
その店にしかないものがあります。
だから、思い切ってフォアグラとかお肉を出しています、外国人も多いんで。
ホテル西洋銀座の「吉兆」と嵐山「吉兆」。
これはもうね、保津峡の川の前なので、もうロケーションが違う。
やっぱり、いろんな「吉兆」の店主に聞いても、嵐山「吉兆」が一番だと。
で、京都にしかない食材があるわけですよ。
だから、僕も学生のころからね。こつこつ、こつこつ、コンビニ弁当とかでね、
1日50円ぐらいの学生食堂で食べて、お金をちょっと貯金して、週に1回。
Roni  予約して。
レオ   週に1回、京都でね、ちょっとした料亭に行って、学生のころから食べてました。
Roni  うん。やっぱり、そういうの大事ですよね。
レオ   そう。
Roni  さっきもおっしゃったように、8千円を何回とかっていうよりは、
よし、この日にここに行くぞ、っていう憧れのお店を決めておいて、
その日まで頑張るっていう。
レオ   そう。ふだん、おにぎりでオッケー。
Roni  うん、なるほどね。
レオ   コンビニ弁当で十分。でもね、それしないと、食文化が絶えてくると、
味覚も感覚も文化も滅んでいってしまうと私は思うわけです。
Roni  はい。とはいえ、なかなか「吉兆」に行かれないという方のために、
この後、じゃあ、埼玉、関東でお勧めの。
レオ   オッケー、オッケー。
Roni  ここだったら、リーズナブルでおいしいよ、なんていうお店を。
レオ   あります、あります。
Roni  はい、ぜひ、教えてください。
レオ   いや、もう、安くていいお店はもういっぱいありますね。


Roni  えっ、例えば。ちょっと、じゃあ。
レオ   こんな番組で、もう、それだったら、それ何時間でも話できるんで。
Roni  ちょっと、じゃあ、皆さん、ぜひ、メモを取りながらとか、
覚えながら聞いていただきたいと思います。
レオ   料理別に違うんですけれども。
Roni  はい。
レオ   西荻窪とか吉祥寺が私の縄張りなもんですから。
Roni  はい。
レオ   まあ、あのあたりでは、「こけし屋」さんというね、レストランがあって。
Roni  はい。
レオ  三笠宮様がよくお見えになられた、東京女子大の近くのね。
これはもうまさに、コンスタントに何を食べてもおいしいですね。
Roni  それは何料理ですか。
レオ   いや、これはフランス料理です。
Roni  フレンチ。
レオ   でもね、五、六千円でいいのがあります。
Roni  えっ! ほんと?
レオ   うん。今月のメニューってある。
でも、必ずね、フォアグラのソテーとね、クレープシュゼットを足す。
これがTOSHUメニューでね、今月のメニューにプラスして、いつも外人とかを連れていく。
Roni  うん。
レオ   それから、もし吉祥寺だったら、「芙葉亭(ふようてい)」というのがありますね。
Roni  「芙葉亭」?
レオ   うん。井の頭公園の側にあるんです。これも雰囲気がいいので、うちのスタッフが結婚式のときは、
ここでやるように、なんて勧めてね。で、デートの場所も指定したりなんかしてね。
Roni  お〜。この「芙葉亭」はお料理は。
レオ   これもフレンチですね。
Roni  フレンチ。
レオ   これもね、大体五、六千円とか、高くて1万円で、
吉祥寺価格というのは大体ね、六、七千円ぐらいでいいのがありますよ。
Roni  これぐらいだったら。
レオ   何とかいけそうでしょう。
Roni  はい。
レオ   あと、「葡萄屋(ぶどうや)」、肉のおいしいところがありますね。
Roni  これも吉祥寺ですか。
レオ   そうです、吉祥寺ですね。
Roni  焼き肉がおいしくて、リーズナブルなところは嬉しいですね。
レオ   いや、焼き肉じゃなくて、ステーキ料理ですね。
Roni  おっ! ステーキ。はい。
レオ   焼き肉って、多分、いろいろいっぱいありますけどね。
Roni  ええ。
レオ   それでもね、私、意外にね、歴史の「史」に「庵」と書いて、「史庵(しあん)」というんですけどね。
Roni  はい。
レオ   これがもうね、6年前の8月20日にオープンした店なんだけどね、
お客さんだれもいなかったんだけどね。非常にすばらしいセンスでね、いつの間にか、
もうお客さんいっぱいで、もう一個つくっちゃって。外人をね有名な、
「トュール・ダルジャン」とか「マキシム」とか「吉兆」とか連れていくんだけども、
どっか居酒屋に行こうというときは、大したことない居酒屋に行くと。
ああ、と思うんだけれども、意外にそういう居酒屋が好きだというような人がいて、そういう人を連れていくお店なんです。
Roni  あっ、それが何ていうお店でしたっけ。
レオ   歴史の「史」に「庵」と書く、「史庵」というところ。
Roni  「史庵」さん。はい。
レオ   何を食べてもおいしいし、何を食べてもオリジナルだし、お値段も安いしね。
Roni  お〜。
レオ   これはもう。
Roni  大体、1人幾らぐらいですか、「史庵(しあん)」さんだったら。
レオ   いや、もうね、いや、そう、3千円、4千円、5千円から、幾らでも。うん。
Roni  おっ! これはいいですね! そういうところをどんどん知りたいですね。
レオ  二、三千円。もちろん何を選ぶかで。お酒もそろっているし。
Roni  ええ。
レオ   有名なところは西荻窪だったら、
「やきとり 雅(まさ)」というのがあってね、焼き鳥以外は何でもおいしいんですよ。
Roni  焼き鳥屋! 「やきとり雅」なのに焼き鳥以外がおいしい?
レオ   いや、焼き鳥は普通なんで、まずくはない。だけどね、いや、
『だいすき!!』というね、テレビ番組の舞台になったところですよ。西荻窪にあります。
Roni  へ〜。
レオ   それから、あとね、「おたまじゃくし」というね。
Roni  知ってますね〜。
レオ   おかみさんがエレクトーンをやってて、これは、まあ、
昔の有名な西荻窪の真砂というお店から独立して、これは何を食べてもおいしい。
Roni  そこは。
レオ   でね、味つけもセンスがいいんですよ、「おたまじゃくし」ってね。
これもみんなね、アルコールさえあんまり高いのを頼まなければ、三〜五千円から。
Roni  また、「おたまじゃくし」っていうネーミングもセンスいいですよね。
レオ   そう、だから、エレクトーンをやっている人だから。もう何を食べても……。
Roni  あっ! 音符ですね。
レオ   うん。「おたまじゃくし」。もう何を食べても、料理のセンスは抜群で、
誰を連れていってもね、「おいしい」って感動しますよ。
だからね、結局料理は感性。
いい感性を持ってる人はね、お店が大きくとも、小さくてもね、
やっぱり何を食べても満足させてくれる店は山ほどあります。
Roni  やっぱり食べることは楽しいですもんね。
レオ   六本木。中華料理もいろいろあるけどね、
西荻窪近辺ではね、「喬家柵(ジョカサー)」というね、
上海人がやっている中華料理ですけれども。
ここの鳥そばというのは、もうね、鳥肌が立つほどおいしい鳥そばですね。
Roni  うわ〜、もう、何か、今度あれですね、エリア別に。
レオ   そうですね。
Roni  今日は西荻窪・吉祥寺近辺で、今度は六本木とか。
レオ   この間六本木で、「孫」さんていうね、
小っちゃい店なんだけど、有名なね、
テレビによく出てくる中国人のやっているお店で、小っちゃいんですけどね。、
何を食べても、もう、これはものすごく美味しい。これはもう超一流の。
Roni  うまい?
レオ   超一流の料理人で、テレビもよく出てる人なんだけど。
店は良心的で、こざっぱりしていて、そんなにけばい調度品もないけれども。
Roni  ほんとにおいしいものを。
レオ   単においしいだけじゃなくて、驚きと感動があるんですね、やっぱり。
Roni  あ〜、最初に言ってた。
レオ   驚きと、感動と、意外性がある。
Roni  へえ〜。
レオ   だから、そこはそんなには高くはないけども、
それだけの満足させてくれる店なんですね。
だから、吉祥寺とか、特に西荻窪、荻窪はラーメンだけどね。
Roni  あっ、そしたら、今、番組を聞いてくれている皆さんから、
ラーメンで安くてうまい店、それから、和食で安くてうまい店、あとは、エリア限定で。
レオ   それ、いいですね。
Roni  ぜひ、皆さん、そのジャンル別、エリア別で
こういうのを教えてくださ〜いというのをね、まだまだ出てきますからね。
レオ   出てきますよ。
Roni  どこでも、どんなお料理でも大丈夫ですよね。
レオ   はい。
Roni  メールアドレス、こちらでお待ちしていまーす。
asobi@nack5.co.jpまで、
この場所の、こんなおいしいもの、教えてください、というメッセージ。
レオ   そうね〜、どっとお寄せください。
Roni  はい、お待ちしていまーす。
レオ   ところでね、Roniさん。
Roni  はい。
レオ   あなた、何か、人に言えないような、あやしい資格を持ってるとか。
Roni  これがですね。
レオ   お聞きしたんですけどね、何なんですか。
Roni  人に言えないというか、人に知ってほしい資格なんですけども。
レオ   ああ、そうなんだ。
Roni  まあ、ちょっと食べることで言うと、野菜のソムリエっていう資格がありまして。
レオ   えっ! 野菜のソムリエ!
Roni  ベジタブル&フルーツマイスターというね、資格なんですけど。
レオ   何? 『マイスタージンガー』ってオペラあるけどね。
Roni  これ、でも、結構ね、もう取っている人は多いと思うんですよ。
レオ   え〜っ! 初めて聞いたわ。
Roni  これ、「野菜、果物をもっとおいしく食べましょう!」っていう資格なんですけど。
レオ   そんなのあるの。
Roni  勉強するとですね、食への意識が変わるので。
レオ   あらっ。
Roni  まずはその資格を取るというか、
勉強することを皆さんにお勧めしたいと思いますので。
レオ   は〜。今度詳しく聞かせてくださいよ、それ、ほんとに。え〜、聞きたいな。
Roni  ぜひ、まずはホームページとかもありますので、ぜひぜひ見てみてくださーい。
Roni  やっぱりこう、食べ物って組み合わせがいろいろあるじゃないですか。
レオ   なるほど。
Roni  そんなことも勉強できますので。
レオ   あら、お見それしました。
Roni  はい、ぜひ皆さんも。
レオ   すごい、資格。
Roni  ちょっと見てみてください、この資格に関してもね。
レオ   僕にとっては、ちょっと死角だったな。
Roni  あっ、うまいこと言いますね。
レオ   あっ、いえいえ、すいません。

★今週のお題 その2★

「番組の途中で流れている小林旭さんのCMが耳から離れません」


Roni  何かおいしいものの話をしていたら。
レオ   はいはい。
Roni  おなかすいてきましたね。
レオ   すいてきましたね。
Roni  私、今度、イタリアンのおいしいお店を聞きたいので。
レオ   あっ、いいですね。
Roni  ぜひ、皆さんも、このジャンルのおいしい、安いもの。
レオ   そうですね、はいはい。
Roni  この場所のおいしくて安いものを教えてほしいというのがあれば、
ちょっと具体的に書いて、ぜひ、メッセージをお寄せください。
レオ   そうですね。
Roni  アドレスはasobi@nack5.co.jpです。nack5のホームページ、
番組表のところにアドレスもありますので、そこからもメールを送れまーす。
で、メールといえばですね、こんなメールが届いてますよ、TOSHUさん。
レオ   何? うん。
Roni  「番組の途中で流れている小林旭さんのCMが
耳から離れません、どうしたらいいですか」。
レオ   これ、離れないものは、やっぱり縁があるわけで、耳に埋め込んだらどうかなと。
Roni  埋め込んじゃいましょうか。
レオ   うん。だから、CDを買えばいいと思いますが。
Roni  そうですよね。
レオ   そう。
Roni  で、このCDなんですが、たちばな出版より絶賛発売中です。
ちなみに、小林旭さんの曲のタイトルは「ジダンダ!」。
レオ   そう、じだんだ踏んでるもんね〜。
Roni  で、作詞作曲をしたのが、何と、レオナルドTOSHUさんです。
レオ   うん、私が作詞作曲しました〜。
Roni  はーい。「ジダンダ!」
レオ   じだんだ踏むようなことは、どんな人も皆一度はあるんじゃないかと。
Roni  小林旭さんとのきっかけは何ですか。
レオ   いや、もともと僕が自分で作って、自分のCDで出していたんですけど。
昔の演歌、16年前につくった演歌でね、「福岡帰行」という歌があってね。
「北帰行」の「北」を「福岡」にしたんですけどね、
「辛〜子明太子〜に、私の夢を〜♪」というのがえらく気に入っちゃってね。
Roni  おう。
レオ   それがまた、これも、今、カラオケで歌えますよ。
Roni  ええ。
レオ   それから、最近つくった、「ジダンダ!」は、
「これいいね〜、これいいね〜」っていって気に入っていただきましてね。
辛子明太子の「福岡帰行」は16年前に作ったんだけどもね。
「これ、小林旭さん歌ったらいいんじゃないですか〜」といって、
ゴルフ場で一緒にフェアウェイを歩いているときに。
Roni  あっ、一緒にゴルフをするんですか。すご〜い。
レオ   ええ、よく。ゴルフが取り持つ縁なんですよ。
Roni  えっ? そのゴルフのときは、こう赤いトラクターで、
こう移動したりとかしないんですか。
レオ   いやいや、そうじゃないですよ。
熱き心でね、移動するんですよ。
Roni  なるほど、はい。
レオ   それで、じゃあということで、
小林旭さん、私の作詞作曲したのを8曲入れて、レコードをリリースしたところ、
何とね、7月の有線で演歌リクエストチャートで堂々1位になりまして。
Roni  そうなんですよ。
レオ   上半期の演歌のリクエストチャートでも27位ですね、前半でね。
Roni  はい。
レオ   一度、一位になったときに、
テリー伊藤さんとね、小林旭さんが対談してたみたいでね、雑誌で。
私、作詞作曲として、私のオリジナルの曲も聞いていただけたらいいですけど、
小林旭さんのは味がありますね。私のはオペラ風に歌っているけども、
彼はなかなか味があります。
Roni  わかりました。じゃあ、そのオペラ風のもちょっと聞きたいなと思いますので。
レオ   そうですか。はいはい。
Roni  Hさん、お耳に埋め込んじゃってくださいね。
レオ   もうね、埋め込んでください。
Roni  「ジダンダ!」、ぜひ、手に入れて、耳に埋め込んじゃってくださーい。
レオ   聞いてください。はい、どうぞ。
Roni  では、また来週、レオナルドTOSHUの遊びがNight、
お相手はRoniとレオナルドTOSHUでした。

NEW
2012年6月7日更新しました。 twitter携帯のツイッターはこちらのQRコードから トップページに戻る 最新情報 レオナルドTOSHUの命名エピソードについて このサイトだけでお楽しみ頂けるレオナルドTOSHUのお話と映像 レオナルドTOSHUの遊びがNightラジオ番組情報 NACK5のサイトでラジオ番組音声をお楽しみ下さい レオナルドTOSHUの活動・作品のご紹介 皆様からのメッセージ
レオナルドTOSHUの遊びがNight エンディングテーマ『アンドロメダ王子』視聴はこちらから
詞・曲 深見東州  編曲 知野芳彦

FM NACK5 79.5MHz