レオナルドTOSHUの「遊びがNight」 FMラジオ《NACK5》にて毎週土曜日10:30pmより放送中!



2012/03/10 ジェロ2
2012/03/03 ジェロ
2012/01/21 May J.2
2012/01/21 May J.
2011/11/19 高橋ちか2
2011/11/12 高橋ちか1
2011/10/22 ReeSya
2011/08/06 ザ・ニュースペーパー
2011/07/09 斉藤恒芳
2011/06/11 峠 恵子
2011/05/14 岸田敏志 2
2011/05/07 岸田敏志 1
2011/03/26 C_ute 2
2011/03/19 C_ute 1
2011/02/12 塩塚 博2
2011/02/05 塩塚 博1
2010/11/13 中谷満男2
2010/11/06 中谷満男1
2010/10/16 JYONGRI
2010/10/09 JYONGRI
2010/08/21 ジュリアンビートクライシス
2010/07/24 工藤慎太郎
2010/06/12 熊谷育美
2010/05/22 水木一郎
2010/04/24 植村花菜
2010/04/03 福井 舞
2010/02/27 竹仲絵里
2010/01/30モーニング娘。  新垣里沙・光井愛佳
2009/12/19 多和田えみ
2009/11/21 武川アイ
2009/10/31 小林 旭
2009/10/10 辻 詩音
2009/08/29 まきちゃんぐ
2009/08/08 YUKA
2009/07/18 城 南海
2009/06/27 湯川れい子
2009/06/06 熊木杏里
2009/05/09 藤澤ノリマサ
2009/04/18 藤田麻衣子

2010年10月30日 歌うTOSHUスペシャル 第3弾




今週は、1月以来!『歌うTOSHUスペシャル 第3弾』!
TOSHUさんが名曲をカバーする
最新アルバム『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』からお届けします。




クリックすると、番組の音声をお聞きいただけます

NACK5詳しくはこちら


「今日のTOSHUさん」 by Roni


Roni
テレビにラジオに!!そして記念すべき日!TOSHUさん&Roniコンビでのテレビデビュー!
観てくれましたか?
そして、聴いてくれましたか?TOSHUさんの歌。久々の「歌うTOSHUさんスペシャル」
関東平野はビンビンでしたね(笑)「Toshu Fukami sings Go lden」、近日発売予定です!!


ジャケットは田村仁さん撮影、解説は湯川れい子さん

レオ  ♪Granada, tierra soñada por mi, mi cantar se vuelve gitano cuando es para ti;~
Roni  TOSHUさん、今ね、このTOSHUさんの歌声で、
関東平野がビコンビコンになっていますよ。
レオ  ♪mi cantar hecho de fantasia, mi cantar, fior de melancolia que yo te vengo a dar.~
Roni  歌いますねえ。今夜はですね、1月にやって以来となります、
TOSHUさん!私の声が! 私の声が逆に関東平野にビコンビコンに響いています。
ちなみに今日のノドの調子はいかがですか?
レオ  まあまあですね。
Roni  今日はですね、「歌うTOSHUスペシャル 第3弾」いきます。
けっこう久々なんですよね。
レオ  久しぶりですね。
Roni  1月以来。何かもっとやろうよという話だったんですけど、
随分空いちゃいましたが、今日はコレ、いきたいと思います。
これはけっこうファンが多いんですよ。スタッフに(笑)
みんなこれはね、かなり。「いい!」「やろう!」ということで、
TOSHUさんが歌うとあの名曲がこうなる、
レオナルドTOSHUのノドにかかるとこんなカバーになる、
そんな曲を関東平野にビンビンに届かせたいと思います。
レオ  関東平野にね。
Roni  関東平野も歌っちゃうみたいなね。
今回はアルバム『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』の中から
3曲いきたいと思うんですけど。今、私のところにありますよ。
このアナログサイズのパンフレットっていうんですか。
TOSHU  そうそう、昔はLPが入っていたんだけど、
中を開けると、CDがあると。
あとこれは写真集みたいになっちゃっている。
Roni  表紙。TOSHUさん、こういう表情、されるんですね。
TOSHU  拍子抜けのね。
Roni  抜けません。これ、撮ってくださったのが、
TOSHU  そうそう、田村仁さん。
湯川れい子さんがこの番組に来ていただいて、親しくなって、
これができたのも、湯川さん、田村さんのおかげですね。
Roni  湯川れい子先生の解説も載っていますけど、
いきなり出だしで私、プッと笑っちゃったんですけど。
「レオナルドTOSHUという人を、みなさんはどのように認識し、
受け止めておいでなのでしょうか。その認識はまちまちだと思います」と。
ま、ザーッとこう、れい子先生から、
TOSHUさんはこんな人で、こんな人でと書いてある。
ザッとあげても、これだけでもう3行使っていますから。
TOSHU  ああ、そうですね。
Roni  で「以上のようなさまざまな活動をしているんですが、
どこに生活の主体があるのか、実は私にもよくわかっておりません」と。
これわかっている人はいないんじゃないかと思いますが、
いろんな顔の中のTOSHUさんの、歌手の部分がここにあるわけですね。
TOSHU  やっぱりね、歌を聴くだけで、本質をズバッと見抜いておられて、
僕の心の奥に秘めた真実の部分を、
湯川れい子さんがよくわかってくださっていて、大変感動しましたね。さすが。
Roni  じゃ、その歌の奥を、さっそく、
ラジオの前のみんなにも感じ取ってもらいたいと思いますので、
『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』から、何かちょっといきましょうよ。
TOSHU  そうですね。今の中高年の方はよく聴いた曲なんですが、
ナット・キング・コールが世界的に広めたラテンの「キサス・キサス・キサス」。
これは何度かオーケストラで歌ったことがあるけど、
オペラ歌手のように楽譜の拍の始めじゃなくて、ラテンのノリで歌わなければいけないので、これがポップスバンドなら自然にできていて、伴奏も気持ちよく。
年代が近いから、僕も気持ちよく、ラテンのリズムに乗って歌っている曲ですね。
Roni  はい。では聴いてもらいましょう。
TOSHU  「キサス・キサス・キサス」

~(曲)レオナルドTOSHU「キサス・キサス・キサス」~

*1『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』たちばな出版刊
詳しくは下のURLからご覧ください。
http://www.tachibana-inc.co.jp/detail.jsp?goods_id=2855


ラテンのムードをたっぷりと

Roni  TOSHUさん、ムーディーですね。
レオ  ムーディーですよ。
Roni  『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』の写真集、
撮ってくれたタムジン(田村仁)さんの写真のようなムードが。
レオ  ムードがね、ムードがあるねえ。
Roni  この曲はもう随分歌っている曲ですか。
レオ  そうですね、何度も歌っています。これと「ベサメ・ムーチョ」。
「ベサメ・ムーチョ」は、トリオ・ロス・パンチョスが流行らせたんですけど、
「今度、ラテンばかり歌った曲をCDにしようよ」と楽団も言っていて、
やっぱりいい曲はたくさんあるんですけどね。
ラテンを歌ってくれる人というのが、日本の歌手でいないんですよね。
Roni  じゃ、そういうシリーズも楽しみですね。
レオ  こういうのも必要とされているから、歌わなきゃなと思っています。
Roni はい。ちなみにこの「キサス・キサス・キサス」と「ベサメ・ムーチョ」は、
アルバムの中では続いて入っていますので、ラテンのムードを感じてください。
レオ  そうですね。
Roni  さあ、今夜は「歌うTOSHUスペシャル 第3弾」、CMの後もまだまだ続きます。


歌は国境を越えて

Roni  『レオナルドTOSHUの遊びがNight』、
今夜は「歌うレオナルドTOSHUスペシャル 第3弾」!
レオ  ♪亭亭白桦 悠悠碧空 微微南来风 
木兰花开山岗上 北国之春天 啊北国之春天已来临~
Roni  ♪ああ、北国のはぁ~る~
レオ  そうそう、これ「北国の春」を中国語でよく、中国で歌うんですね。
これ、中国の人は中国の曲だと思っているんだよね。
これを中国訳した呂遠先生という作曲家がいて、親しくしていたんですけど。
これを歌うとみんな合唱して。だから中国語でいつも歌うんですね。
♪亭亭白桦 悠悠碧空 微微南来风って。中国語だと何か変化してね。
Roni  確かに何かかわいいというか。ホッとするようになりますよね。
レオ  そうそう、そういう感じがする。
Roni  でも何か歌で国境を越えていくなあという感じがしますよね。
このアルバム、海外でも出したいですね。
レオ  そうですね。
Roni  『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』なんですけど、
発売日が実はまだ決まっていませんで。
レオ  はあ、そうですね。
Roni  近日発売予定というわけです。
レオ  そうです。
Roni  たちばな出版のホームページで購入可能となりますので、
また追加情報は番組のほうでも随時お伝えしています、
が、じゃあ、まだ「えっ、買えないの?」「でも聴きたい」
というあなたのために、もう1曲、行きましょうよ。
レオ  これ、博打打ちがいてね。全財産をスッてね、家までスッてね、
イエスッタデイっていう。こういうイギリスの博打打ちの話がありましてね。
Roni  いい、いい、いい、イエスッタデイってね。
レオ  そうそう。
Roni  すごいギャグ、かましましたね。すごい曲にね。
レオ  これ、ビートルズだよね。「イエスタデイ」を。

~(曲)レオナルドTOSHU「イエスタデイ」~

温故知新 古い歌を今によみがえらせて

Roni  『TOSHU FUKAMI sings GOLDEN POPS』から「イエスタデイ」でした。
あの今、歌いだしのところで、拍手と歓声が聞こえたと思うんですけども、
実はこれ、EBISU303ホールでのライブ収録。
レオ  みんなライブですね。
Roni  なんとですね、実は私、この場にいましたね。
レオ  そう、司会をしてくれました。
Roni  クリスマスイブ、一緒に過ごしたのよね。
レオ  歯医者さんの会で司会して。ま、そういうことで、楽しかったですね。
Roni  「イエスタデイ」。はい、それからアルバムの中ではこの後、
「イマジン」も収録されているんですよね。
レオ  そうですね。
Roni  こうやって16曲ありますけれども、ザッと見て、
けっこう何というんですか、幅広いですよね。
レオ  心はますます広くなっていますよ。
Roni  ああ。だから私のこともいつも、許してくれるんですね。
レオ  そうそう、許します。許しますよ。
Roni  ありがとうございます。
じゃあ、もう1曲お届けすることを許してもらえますか。
レオ  「キサス・キサス・キサス」とか「イエスタデイ」は、
オールデイズとか、ポップスって言いますけどね、
これもやっぱり、『ゴースト』という映画で歌われていて、
プラターズも歌っていたんですけどね、
もうちょっと僕は、オペラというかスタンダード風にね。
ジャズの歌手はいっぱい崩して、トム・ジョーンズとかは跡形もないくらいに崩しまくってね。
楽譜もあってないようなもの。歌詞も勝手に変えたりしているんですよ。
最終的にジャズをやる人は崩して歌うんですけど、究極は楽譜通りにきちんと歌って、
声と歌い方で感動させるというのが、ジャズシンガーの憧れなんですね。
ならば僕はそういう歌い方をしていこうということで、なるべくクセがなく、
楽譜通りにきちっと歌うことで、どれだけ感動的になるかという歌い方をしているんです。
『ゴースト』で歌われた、この曲なんか、
ウワァーと映画見て泣いた人もいると思うんですよね。
比較的若い人は、「「キサス・キサス・キサス」とか知らなくても、
「イエスタデイ」は知っていると思うんだよね。
実は古くからある曲なんですけど、それを新しく感じてもらう。
その曲として「アンチェインド・メロディー」を選びました。やっぱりこれで泣く人は多いですね。
Roni  私もこれは大好きな曲なので、じゃあちょっと聴きましょうかね。
レオ  「アンチェインド・メロディー」

~(曲)レオナルドTOSHU「アンチェインド・メロディー」~

名曲はひらめきから生まれる

Roni  これまたTOSHUさんに合いますよね。
TOSHU FUKAMIで「アンチェインド・メロディー」でした。
映画の『ゴースト』では、大好きな恋人のところにゴーストが移ってきて、
という感じでしたけど、このアルバムの中に入っているのは、
もうホントに言わずとしれたビッグヒット、ビッグチューンじゃないですか、
何かが乗り移ってじゃないけど、どんな感じで歌うんですか。
レオ  自分が作る時も、それから詩もそうですけどね、小説家もそうです。
どんな人も自分のアタマでは作らないですね。
例えば服部良一なんていう人、「いまだかつて私は曲を作ったことがない」と。
「上から来るものを書き写しているだけだ」と。
Roni  上から来る?
レオ  ひらめいてくるもの。「ウチの息子の服部克久は自分で作っていますけどね」って、
有名な言葉があるんだけどね。だから服部良一さんとか、名曲を残す人はみんな、
自分では作らない。天から降ってくると。それを書き写す。
究極はモーツァルトなんてのは、爆竹打って、キャーンとか言いながら書いたら、
最高に素晴らしい。だから途中で推敲なんてしていないですよ。
上から来るものをそのまま書いて、それで完成。
Roni  TOSHUさんもですか?
レオ  たいてい僕もそうですね。そういう風なひらめきが来るまで、
じっくり待って、ぶらぶらぶらぶらしたり、いい曲聴いたりしながら、
突然ひらめきがやってきた時に、いい曲を作る。
Roni  ひらめきというのはどういうことですか?
レオ インスピレーション、インスパイアするわけなので、天から来るものでしょう。
それは地から湧いてくると感じる人はいないので。
「いい曲は地面から湧いてきて、お尻で受けました」という人はまずいないので。
天から降ってくる。天から降ってくるということは、星の波動。
そういう惑星、宇宙から来る、宇宙のメロディーを。
Roni  星の波動…。
レオ  とか、あるいは天使がそれを伝えてくれるとか。
やっぱりそういう天才というのは、「天」の「才」なので、
人間のアタマでは作り出せないような、もう神様から授かったもの、
天使から授かったもの、どこから来るかというと、天上界というんだけど、
星の惑星とか宇宙から来る、宇宙のバイブレーションとか波動が、
曲になって来るんじゃないか。
クジラも歌を歌うクジラというのがいて、
毎年、流行曲みたいなのをクジラが歌っているのを録音した人がいて、
それをチェロで弾いた日本の人がいましたけど、
そうやってクジラも歌を歌っているというのは、地球全体、宇宙全体から来る、
そういう波動というのかな、エネルギーを感じ取っている、動物も。
人間はそれを音符にしたり、文章にしたり、絵にしたりする能力はある。
それがひらめきを受けた芸術で、名作はみんなそうですね。
人が作ったものよりも、もっと高貴な神なるものを感じる。
そういう星の波動を受けた人がこれを作っているんだな、と思いながら、
曲を聴き、歌っているわけです、僕の場合ね。
Roni  ぜひみなさんもそんな名曲から星の波動を感じてみてくださいね。
レオ  そうそうそう。 

~ レオナルドTOSHU 口笛~


天の星々にはどんなパワーがある?

Roni  TOSHUさん、今の口笛は?
レオ 私の口笛ですけど。作曲するとか、絵を描くとか、文章を書く時にひらめいた、天から何かが来た時に共鳴して、それを曲で作る時にピアノとか、鉛筆がない時は、口笛を吹いちゃうのが、こういう時の口笛で、それをたまたま録音していたヤツがこうやってCDになっているんですけどね。
気持ちよくなってくる。
口笛で曲を作って。それを楽譜に直す、音符にすると、
曲になるわけで、モーツァルトなんかもこういう風にして自動的に口笛を吹く代わりに、全部楽譜に書けた。全部記憶していた人ですから、
こういう形で天才的な作曲家が作曲したルーツをたどっていくと、こんな感じということでしょうね。
Roni  ちなみにその星って、いろんな星があるじゃないですか。
レオ  いろんな星があります。
Roni  口笛吹く時は何星とかって。
レオ  いや、そうですよ。例えば木星とか、金星とかっていう、古代の人は
そういうことを感じたいので、ホロスコープを作ったわけで、
木星がこうで、金星はとは、誰が決めたのか。これは天文学でも調べられませんね。
木星はこんなんで、ルーラーがどうのこうのとか、ホロスコープで
おひつじ座とかおうし座とかはこんなんで、とか。だいたいそれは当たっていて、
過去の現実から起きることとか未来のことも。
外れているところもあるけど、大枠は正確で。ものすごく正確に当たる。
メソポタミアの人たち。今から4000年くらい前の人たちが
誰かものを受けて作った。易教もそうですしね。
Roni でもそういうのって難しくてなかなかわかりにくいですが、さっきパラパラっと読んでいて、この本重宝し、すごくわかりやすいと思った本が、たちばな出版から出版されています。
レオ  私が、メソポタミアの原点に還って、何でホロスコープなんてものを持ってきて、何故その通りに当たっていて、誰がこんなものを受け取ったんだろうかという原点に還って作りました。
星座とか星がどんなパワーをもたらすんだろうか。
それならば、メソポタミアの時の、4000年、3000年前の人に自分もなってみたつもりで、星の波動を意識して、夜空を見上げて、語りかけてみてもいいじゃないかと。
子供というのは、そういう意味では星の神様とか、人間が死んで星になるんだというのは、無条件にそう思っているんですけど、それがかえって真実だったりするんじゃないか、とふと思うわけで。
Roni この本ね、すごい写真もきれいで、ホントにちょっと読んでみたいなと思いました。
TOSHUさんが書いています、『願いがかなう!星座の伝説』。これ、すごくいい。
ちょっとパラパラっとしか読んでいないんですけど、
ものすごくわかりやすいのと、写真や絵がすてきに施されているので、
ググっと入り込みますよね、この本ね。
レオ  そうですね。
Roni  たちばな出版から定価1600円で好評発売中なんですけど、
さっきも言ったように、これはプレゼントとかにもいいなっていう。
レオ  どうも。
Roni  「歌うTOSHUスペシャル 第3弾」やりましたけど、近々に第4弾、やりましょうね。
レオ  そうですね。


*2『願いがかなう!星座の伝説』たちばな出版刊
詳しくは下のURLからご覧ください。
http://www.tachibana-inc.co.jp/detail.jsp?goods_id=1213

NEW
2012年6月7日更新しました。 twitter携帯のツイッターはこちらのQRコードから トップページに戻る 最新情報 レオナルドTOSHUの命名エピソードについて このサイトだけでお楽しみ頂けるレオナルドTOSHUのお話と映像 レオナルドTOSHUの遊びがNightラジオ番組情報 NACK5のサイトでラジオ番組音声をお楽しみ下さい レオナルドTOSHUの活動・作品のご紹介 皆様からのメッセージ
レオナルドTOSHUの遊びがNight エンディングテーマ『アンドロメダ王子』視聴はこちらから
詞・曲 深見東州  編曲 知野芳彦

FM NACK5 79.5MHz